« HJ文庫『くろかの』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 3』 »

電撃文庫『とらドラ7!』

読んだら叫ばずにはいられない、ハイテンション作品。
ただ今読み終わったところで、つまりはすごい叫び出したいんですが、
そこは抑えて先に…

ラブコメの鉄板作品としての地位を不動にしたなぁ、と思ったところで、
ついにアニメ化決定

これでT宮Yゆこの名が全国に知れ渡るかと思うと、感慨深いです。

どんな作品になるかは、今の所さっぱりですが、
裏テーマの(30)でなんかやってくれると、一番ウマー! な気がする。

三十路岬…だとパクリなので、でもそんな感じでなんかやらないかな…。
もちろん、たらスパでもいいのですけどね!

さて、叫ぶか。

ど ぅ え え え ぇ ぇ ぇ ~ ~ ~ い !?

特に意味はありません。
でも、7巻を読んだ人ならこの気持ちは分かってくれると思う。

6巻、生徒会選挙での騒動を他所に意味深な引きを繋ぎつつ、
この7巻はクリスマスなイベントだそうです。

生徒会による、クリスマスイブパーティ。

文化祭ほど体面を気にする必要も無い、
生徒による生徒のための生徒だけで行うイベント。

文化祭のようなカオスさは無いものの、それ故にベクトルの伸び具合が異常。
しかも率いるは、恋愛大明神として開眼した北村。

これが盛り上がらないはずが無い。

…と、これだけの舞台を「肴」にして!

竜児が! 大河が! みのりんが! 亜美が!!!
もうなんだこの人間関係! 訳が分からない!

前半のコメディパートのテンション異常も楽しいんですが、
後半の、この、ドロドロの展開が、もう、これ、やめてくれ…!!!

なんでこんなに成就しないかな。
もう、なんて叫べばいいのか分からない。

お先の真っ暗さ加減だけが明瞭という、なんだコレなんだコレ!

という訳で、いろんな人のいろんな思いが表に出てきて、
なのにその噛み合わなさ加減が異常。

ラブコメなのに! ラブコメなのに!?

青春だから、うまく伝わらないこの思い! なんて次元じゃない。
素直になれよ、早くくっついちゃえばいいのに! なんて甘くなかった!

さすがはYゆこ氏…伊達に齢を重ねてまs!!おおっと!

しかし、1巻を読んだ時はこんな亜美が言うような関係になるとは、
さっぱり思いませんでしたねぇ。

あそこからズルズルと発展していってたのを確かに読んでるはずなのに、
その不自然さにはしっかり気が付いているのに、
今巻で亜美に言われるまで、その不幸さ加減には気が付きませんでした。

この落差は、まさにゆゆぽ時空。

コミック派の人とかは、この展開は予想だにしてないんだろうなぁ。
ってか、この落としっぷりはコミック、アニメで表現出来るんだろうか。

今後はどうなるんだろう。

綺麗な振りして今にも壊れそうな塔が幾つも積みあがった訳で、
さて、ここから盛大に華々しく壊して積み直すのか、
それとも、壊れそうな振りして、実は頑強でした! みたいな展開なのか。

個人的には大河だなー。
みのりんもばかちーも良いけどさ、やっぱり大河。

なんにしても、壊れたままにはなりますまい。ゆゆぽ氏を信じてる!

それでは、また。


関連

とらドラ6!

とらドラ5!

|

« HJ文庫『くろかの』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40903006

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『とらドラ7!』:

« HJ文庫『くろかの』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 3』 »