« MF文庫J『魔女の生徒会長 2』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『円環少女 7』 »

角川スニーカー文庫『らき☆すたオンライン』

懲りずにまた出した(褒め言葉)らき☆すたノベル第2巻。
あきら様もそう仰っております。

そろそろ話題も遠くなってきた頃合かと思いますが、
今度はどうなんでしょうね。
普通に売れてるんだろうか…。

前巻ほどネット界隈では騒がれていない気がしてますけど。

そんな訳で、ほぼコメディ一色のおバカなノリ。
カオス過ぎて、訳が分かりません。

このらき☆すた小説と、某おやすみCDを買った私には、
竹井10日という方はカオス作家として認識されつつありますが、いいのだろうか。

前巻は題名そのままに殺人事件のお話でしたが、
今巻も題名そのままMMOなRPGというか、もはやRP?

ゲームの中という事にはなってますけど、誰もそんな風には読まないだろうな、
というか。

こなたがシーフで、つかさとかがみが巫女で、みゆきさんが魔女で、
なんて言ったら、普通にそのビジュアルで脳内再生されますがな。
親切にも各キャラの職業イラスト付いてますし。

話などあって無いような物なので、特にそこには触れない方向で。

とすると、後はキャラのみな訳ですが、
やっぱりまず一番に、こなたGJ! と言っておくべきなのかしら。
見開きカラー的に考えて。

こんなに肌色率の高い美水絵は初めて見た…!

著者と絵師とどっち発案なんだか知りませんが、なんという釣りネタ。
これを全力で見逃すのは無理だ…。

ってか、らき☆すたという作品特性から言って、むしろ罠では無いかと。
いたいけな中高生を嵌める気満々なんではないかと。

かがみは思っていたより、こなたに侵食汚染されてる感じ。
ツッコミよりはいはいが多かった気がする。
違和感を覚えるものの、これはこれで。
絵馬はやり過ぎ。

つかさはアホの娘として活躍しまくっていましたが、
私の中では、これはちょっと方向が違う。
ちょっと賢しげな気がするんですよね。もうちょっと天然だと思ってた。

みゆきさんは活躍の方向が間違ってる。
違うよ、みゆきさんの取り得はそんなに一部分だけじゃないよ。
竹井10日氏はエ○同人の読みすぎだよ!
もっと、みWiki的な方向で活躍するべき。
…でもクラスチェンジはナイスと言わざるを得ない。

ゆーちゃんはカオス度が高すぎて、愛でるべきなのか笑うべきなのか迷う。
職業、それは無いわ。レアキャラってどんだけ~。
個人的には職業をソレにするんだったら、マムクート的なのがベストだと思う。
味方のマムクートは○リという法則もありますし。

あと、端役の面々はそれぞれワンポイントで出てきます。
挨拶しかしなくとも、仲間はずれは居ませんので安心。

でも美水さん、みなみちゃん描き忘れてね…?
あんなに美しいラストを飾ったというのに!

宣伝とかネタとか含めて、どうかと思うところもあれど、
このページ数なら有りかな、という気がしてきた。

それでは、また。


関連

らき☆すた殺人事件

|

« MF文庫J『魔女の生徒会長 2』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『円環少女 7』 »

01_角川スニーカー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40478002

この記事へのトラックバック一覧です: 角川スニーカー文庫『らき☆すたオンライン』:

« MF文庫J『魔女の生徒会長 2』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『円環少女 7』 »