« 電撃文庫『藤堂家はカミガカリ 1』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『らき☆すたオンライン』 »

MF文庫J『魔女の生徒会長 2』

多面展開作家、日日日氏のMF作品2個目。

「帝都世紀末学園」という舞台設定からして、
何かを吹っ切っているとしか思えない、極端なバイオレンスコメディ。

『狂乱家族』がメキメキと知名度を上げてますが、
こっちも面白いよ!

それはさておき。

今度の事件は「B校舎最強決定戦」です。
その名前が出た瞬間、あー、そういうネタですか。なるほど。
と頷いてしまえるくらいにネタとしてはベタ。

しかも言いだしっぺシロオ。駄目だコイツ早く(ryというヤツです。

前巻は問題を解決するシロオの話でしたので、
ただただ、シロオかっこ良い! という話でしたが、
今巻は自分発端で、その後始末をするシロオの話ですから、
チロっと毛色は違いますかね。

ただ、このシリーズはちょっと読めば分かりますが、
話がどうこうより、日日日節を楽しむ作品なので、その辺はテキトーで。

今巻はこういうネタなのね、とそれだけ分かれば、
あとは流されるままに流されれば良いのです。

とりあえず、まず言いたいことは、オセロ自重。
いろんな意味でワクテカし過ぎ、です。

どうやらしっかりとレギュラーの座に着いたようですが、
その役割で良いのか、お前…。

コメディだけに、修羅場って事は無いとは思うのですが、
不思議な位置付けになってしまいました?
あれ? そうでもない?

とにかく、前半だけならオセロの独壇場。
前巻のイメージだだ崩れです。
いいぞ、もっとやれ!

どうでも良いですが、隻腕と両足だったら、
隻腕の方がやり辛いと思うのですが。
しかし、足でヤるというのが、あんなにエ○いとは思わなんだ。

続いて飛び出したのが、ドロシー先輩。
…なんですが、今巻は抑えたみたいです。

こうも他の奴らがアホな事ばっかりやってると銃器をポンポン出しても、
なんかあんまり目立たないですね。

次巻の舞台がC校舎だそうなので、そちらで活躍するのかも。

そして舞台は整い、魔女の生徒会長様と超悦者ジュリエット様なんですが、
今までと同じベクトルなのに、笑いよりもカッコいい! と思えるのがすごい。

コロチカさんのちょっといい話~♪ では笑えるのに、
生徒会長のちょっといい話~♪ では戦慄が走る不思議。

雰囲気に呑まれてるんですかね。
日日日氏もすっかり固有結界をお持ちになったようで。

激突開始から、バトルの最中から、決着から、
それはギャグで言っているのか…? と言わんばかりなんですけど、
なんかホクホクした気分で読み終わりました。

期待していた以上に、癒されたです。コメディなのに。

あと…え? ミミクロ? 誰ですかそれ? 主人公?
そんなヤツいたかなぁ…。

という訳で、今巻の主人公は空気過ぎます。
まだスザクの方が目立っていた気がします。
哀れを超えて、どうでもいい。

別の意味で駄目だコイツ(ryです。

主人公が成長しないと、このシリーズ何も解決しないと思うんですけどね。
今巻を見ると、成長する気がしませんね。ヘタレめ。

この変態だらけの学校で凡人過ぎるというのもあるのですが、
そこは何とかしましょうよ。主人公補正で。

ま、どうでもいいんですが。

そんな訳で、3巻でのオセロの活躍に期待。
(狂乱が落ち着くまでは半年に1冊かなぁ…)

それでは、また。


関連

魔女の生徒会長

|

« 電撃文庫『藤堂家はカミガカリ 1』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『らき☆すたオンライン』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40469724

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『魔女の生徒会長 2』:

« 電撃文庫『藤堂家はカミガカリ 1』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『らき☆すたオンライン』 »