« 電撃文庫『モーフィアスの教室 1』 | トップページ | 電撃文庫『じーちゃん・ぢぇっと!!! ラビバニ。』 »

ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 3.5』

去年ラノベ新人中、文句なくバカの一番星に輝いた、
期待のバカコメディ。

3巻で微妙に立てた修羅場フラグは華麗に無視して、
2~3巻の間にあったバカ短編集が今巻の位置付け。

テストも召喚獣も関係ない!
私達に必要なのは「バカ」ただそれだけさ!
みたいな。

なんで、私はこれを電車内で読めるとか想っちゃったんだろう…。

って訳で、以下各話ごとに感想。

・表紙
いきなり各話でもなんでもないですが、
しかし触れねばなりますまい。

ついに皆のアイドル秀吉が表紙に!

しかし! あぁ、しかし!

ギャルソン姿ですよ!? 何故!?

…の謎は今巻最後の話にて。

・バカとテストと召喚獣~予習編~
1巻以前のエピソード。
FBオンラインで、バカテスのプレ編として
公開されていたものらしいです。

葉月ちゃんが2巻でやたら馴々しくまとわりついて来た、
その元エピソードです。

このヤロウ、何タラしこんでんだ! と言いたい所ですが、
バカだから許す、ってーのは変わらず。

没収から奪取までのバカっぷり。
アシストもシュートも申し分無い。

・僕と暴徒とラブレター
明久がラブレター貰ったからコロス、という非常にシンプルな話。

FBSPに載ってたらしいですな。

全体的にバカなので、あんまり語るところが無い…。
強いて言えば、爪切りSUGEEE! とか?

・俺と翔子と如月ハイランド
FBオンラインに載ってた話で、
タイトルの通り、で何もかも分かる気が。

雄二は一体何が不満なんだと憤るくらいノロケな話ですが、
この遊園地のスタッフが優秀過ぎる!

明久が頭良いという不思議な展開。

しかし、やっぱりラストのしんみり感が好き。
たまにこういう雰囲気になると、なんか良いですね。

あの良く分からないバカップルがこういう役割とは…。

・僕とプールと水着の楽園
前巻のあとがきで予告のあったアレ。
まずは落ち着いて、扉絵を良く見てみましょう。

…一人、足りませんね?

瑞希も美波も翔子も葉月さえもおまけですよ。

「最近お主らはワシを女として見ておるようじゃからな。
 ここらで一度ワシが男じゃということを再認識させようと――」

まぁ、よく訓練されたバカテスっ子は、
こここ、こんな事にはわわ、どどど動じまセンよネ。

そして―――

姫路さんのワッフルがまさか、あのような事態になろうとは…。

まさに「作者サービス」だよなぁ…。

・僕とバイトと危険な週末
この話のせいで、表紙の秀吉は…うぅっ…。

これも明久がバカでGJな話。
冒頭からバカが冴え渡りすぎ。
また女装かとも思ったんですが、それは無かったです。

あと、個人的には秀吉はもうちょっと姉上さんと
絡むべきだと思うのですが。

それでは、また。


関連

バカとテストと召喚獣 3

バカとテストと召喚獣 2

バカとテストと召喚獣 1

|

« 電撃文庫『モーフィアスの教室 1』 | トップページ | 電撃文庫『じーちゃん・ぢぇっと!!! ラビバニ。』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40053868

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 3.5』:

« 電撃文庫『モーフィアスの教室 1』 | トップページ | 電撃文庫『じーちゃん・ぢぇっと!!! ラビバニ。』 »