« 2月~の買い物新刊メモ | トップページ | 電撃文庫『モーフィアスの教室 1』 »

電撃文庫『ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド』

えらく久しぶりなブギポ新刊。
上遠野ワールドが全部繋がってるので、
あんまりそんな気もしないんですけどね。

という訳で、前巻の続き…でも何でもない、
新キャラによる新しいエピソード。

この世界はまだ膨らむのか…。

時間軸はおそらく『VSイマジネーター』と『歪曲王』の辺り。

スプーキーEとか新刻敬がチミッと絡んできます。

今巻のミソは、統和機構に属した合成人間がメインの一人という事。

まぁ、例によって我の強いキャラではあるのですが、
理不尽に強くもなく、秘めた力で追われる事もなく、
そして、誰かに救われる事もない。

なんか…カッコカワいい? みたいな。

合成人間メローには、そういうポイントが有りつつ、
さらにもう一つ。

「眼を見ればわかるよ。隠そうとしたって隠せるものじゃないんだよ、その眼に浮かぶ、恋する想いは、ね――」

感動した! ズバッと言い切る宮下藤花に感動した!

いや、この台詞の決め方がもうカッコいいのなんのって。

そして、カラー口絵の方なんですが、この絵の可愛いのなんのって。
半裸? そんなの関係ねぇ!

そんな訳で、とにかくスゴいキャラが増えました。

お話はブギーポップの噂を追っかけていたら、
別の事件に巻き込まれ、といういつも通り?

なんだか想念体だかなんちゃら拡散力場だかみたいな、
そんな敵が今までの世界観に合っているのか気になる。

MPLSは新人類だから、超能力があるという認識だと、
みんなが超能力者だ、みたいな話になるのは違和感を感じる。

オチはかなり壮絶でしたが、それはそれでいつも通り。

久しぶりのブギポ分を堪能出来たです。

しかし、焼きそばウマい! はいいとして、
復活しちゃったのは、新たな伏線のような、
サラッと流されそうな、微妙な所。

あ、あと電撃文庫MAGAZINEに載ったプレ編は、
各章バラバラに入ってました。
うっかり読み逃した人も安心。

それでは、また。


関連

酸素は鏡に映らない

|

« 2月~の買い物新刊メモ | トップページ | 電撃文庫『モーフィアスの教室 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40053754

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド』:

« 2月~の買い物新刊メモ | トップページ | 電撃文庫『モーフィアスの教室 1』 »