« 富士見ファンタジア文庫『ダークエルフの口づけ 4』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 2』 »

MF文庫J『モノケロスの魔杖は穿つ 4』

部室で建国! という所から始まったはずが、
なんだかいつの間にか話が大きく拡がっていって、
4巻の煽りなんて

――世界の存亡をかけた本格王国ファンタジー

ですよ。

そう、最終巻です。

4巻の登場人物紹介を見る。
ヒロがいない。

あらすじを見る。
全滅した。

という訳で、初っ端の鬱具合は半端無い。
3巻読み終わってから、予想はしていたけど、これはキツい。
律のところが、一番キましたですね。

しかも、あれから1ヶ月ときたもんですよ。
なんだこれ、ここからどう逆転する気なんだ…?

と、思ったら。

ここから怒涛の 超 展 開 !
なんだこれ。

上へ参りまーす、と言うから乗ったら、軌道エレベーターでした、
みたいな?

詰め込みすぎで着いていけないと言うか、
ここまで詰め込んだら、むしろもうネタとして笑う所だろ、という感じ。

あの壮絶鬱をもうちょっと読みたい気分もありましたが、
ここまでやってくれるんなら、逆にもういいやという気持ちになりました。

枠をはみ出したんじゃなくて、突き抜けたんだなぁ、と。

ちょっとその超展開の維持に文字使いすぎて、
キャラクターの方の配分が少なかったのが残念でしたけど、
そのちょっぴりのキャラクター分が、この超展開の中でもいつも通りで、
すごく安心する。

どう考えても大ピンチだけど、このマイペースなら平気なんだろうなぁ、
という感じですかね。

このキャラクターは惜しい。
他の作品に出てくるようなら、是非読みたい。

という訳で、今巻、登場人物紹介にいる人の感想。

・麻奈
 1巻の水着、2巻の裸と、エロ担当のようでそうでもない。
 このツッコミっぷり、冷静っぷりはすごく良かった。
 でも、もうちょっとデレても良くね?

・律
 強すぎ。カッコよすぎ。
 おねーちゃんキャラっぷりがすごく良かった。
 鬱でも躁でも。

・セシリア
 話が短かった所為で、今ひとつ分からなかったんですが、
 この子の位置付けは結局、「家族」だったのかな。
 霜夜の方はお姉さんキャラとして抑えるところ抑えてましたけど。

・四方
 思っていたよりかは、ただの便利キャラという感じに。
 もうちょっと怪しい人物を期待していたんですが。
 今巻、大活躍だったはずなのに、怪しさが薄れて、存在感が薄い。合掌。

・喜連川
 前巻でなんだかカッコよかったですけど、
 今巻はあんまり大活躍しなくて残念。存在感は結構有るのに。
 勇者! とか、必殺技! とか無いとなぁ。
 日常編がもうちょっと長ければ、三角関係に入ってきそうだっただけに、
 なんだか惜しく感じる。

・風祭
 2巻の大活躍以降、急激に存在感を無くしていて、いと哀れ。
 まぁ、クナイじゃあんまり派手に出来ないし。
 忍術だと魔法に対抗できる感じじゃないし。
 便利なキャラなはずなのに…。

・新田
 やってくれおったぁぁぁ!
 と、最後まで来るかと思いきや、あれ? あんまり絡まない…。
 カラー口絵もカッコいいのに…あれ? 削られたのかな…。

・木星
 諸悪の根源というか、なんじゃそりゃぁぁぁ! の根源。
 いろいろぶち壊しなんですが、これはこれでという気もするから不思議。
 いや、でも、最後のオチはなんだかんだで凄かった。
 ちゃんと理解できているかは、自信無いけれども。

正直、キャラクター後日談とか読んでみたいけど、
とりあえずは、次回作に期待。

ありがとうございました。

それでは、また。


関連

モノケロスの魔杖は穿つ 3

モノケロスの魔杖は穿つ 2

モノケロスの魔杖は穿つ 1

|

« 富士見ファンタジア文庫『ダークエルフの口づけ 4』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 2』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17694761

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『モノケロスの魔杖は穿つ 4』:

« 富士見ファンタジア文庫『ダークエルフの口づけ 4』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 2』 »