« ファミ通文庫『まかでみ・らでぃかる 6』 | トップページ | 電撃文庫『神様のメモ帳 2』 »

電撃文庫『神様のメモ帳 1』

私にとって杉井光氏というと、05年の電撃小説賞でデビューの人で、
『火目の巫子』のあとがきで「どうみても○○○です」をやっちゃった人、
というくらいの認識でした。

鬱かー、鬱は今ちょっと…で、デビュー作は読んでいないのですが、
この2シリーズ目の「ニート探偵」という魅力的なワードの誘惑に、
ついに屈した次第。

決め手は電撃hpに載った短編を読んで、
変人ばっかりでドタバタしてる、その雰囲気が気に入った、という物。

べっ、別にゴスロリ少女の表紙にダメ押された訳じゃないんだからねっ!

という訳でシリーズ1冊目。

舞台は現代、凡暗で戯言気質な主人公が、
ふとした弾みで、変人集まるニート探偵事務所の面々と関わり、
騒いだり、引き篭もったり、キレたりする話。

体裁としては、アームチェアディテクティブなミステリ?

読みたかったモノが読めました。
予想していたよりも、ちょっと精神的にキツい展開でしたが。

見所その1、キャラクター。

ニート探偵事務所の面々というのが、ニート探偵本人であるアリスと、
取り巻きであるテツ先輩、少佐、ヒロさん、四代目、そして僕、という感じで、
戯言シリーズの「玖渚と愉快な仲間達」を彷彿とさせるのですよね。

あそこまでブチ切れてはいませんが。

愉快な仲間達の無茶っぷりも、主人公君の振り回されっぷりも良かった。
そして、言わねばなりますまい。

アリスかわいいよアリス。

見所その2、ストーリー。

hpの短編の方であの人がいなかったので、ひょっとしたらとは思っていたのですが、
まぁ、見事にやってくれましたと言うか。

火目の巫子にてお噂は聞いていましたし、驚くほどではないのですが、
でもやっぱりキツい…。

だが、それが良い。

とは言え、どちらかと言うと主人公君よりアリスの方に情が。
ニートの定義論をぶっている所での、「可能性」の話はクラクラ来たです。

病んでると言えば、それまでですが、なんともはや…。

どうも深い闇を抱えていそうですが、それが描かれる事はあるのか。
他のメンバーについてもそうですけど、これは結構、ツボかもしれない。

続きに期待。2巻はすぐ読みますが。

それでは、また。

|

« ファミ通文庫『まかでみ・らでぃかる 6』 | トップページ | 電撃文庫『神様のメモ帳 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17610342

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『神様のメモ帳 1』:

« ファミ通文庫『まかでみ・らでぃかる 6』 | トップページ | 電撃文庫『神様のメモ帳 2』 »