« 集英社『The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 2』 »

C★NOVELS『C★N25』

これはあのテンプレを使わざるを得ない。
ほら、あれあれ、あの――

 それは本というには

 あまりにも大きすぎた

 大きく ぶ厚く 重く

 そして大雑把すぎた

 それは正に書塊だった

C★NOVELSもやっちゃいました。
新書判で800ページ超え。

あ、別に装丁、大雑把では無いですよ。むしろ輝いてます。
ネタですネタ。念のため。

で、何かって言うと、創刊25周年記念の企画本。
背表紙に82人ほど名前が書いてあります。

C★NOVELSで活躍している作家陣が短編を並べ、
C★NOVELSで活躍している絵師陣が黒猫を並べ、
つまり、そういう本です。

私は新書にまで手を伸ばしきれていなくて、
作家陣の短編、2つしか読めないのですが、
椎名優氏が1枚描いてる、というのが決め手に。

不心得者でごめんなさい。

そんな感じで、"この本の感想"とは言えないですが、以下感想。

・ユーフォリ・テクニカ
定金氏が去年末に出した作品の短編。
自爆気味の王女様、研究室に入る。というあのアレ。
作中時間内の語られざる1エピソード。

黒猫は猫に非ず。ふむ、なるほど。そーなのかー。

この問題が面白いか面白くないか、という所までは、
その域の人間では無いので何とも言えませんが、
とりあえず、王女様こんなにテンション高かったんだっけ?

テンションの上がり下がりが激しくて、
そのギャップで魅せてくれる人という風には覚えていたんですが、
この短編ではテンション振り切れっ放し。

ちょっとは落ち着けと。漏らしたとか失言過ぎだよ!
すごくニヨニヨ出来て満足。

ちょっと、王女様と室長さん以外のキャラが思い出せなくなってきてるので、
続巻が出たら、復習だな。

…続き出ないかな。

・煌夜祭
多崎礼氏のデビュー作の短編。
アルゴンみたいな島群世界の、魔物と語り部のお話。

前夜祭って事で、まぁ、作中時間前の1エピソード。

駄目だ、話の大枠しか覚えてない…。
トーテンコフ出てきます。あと黒猫。

語り部が語り部の話をして、
話中の語り部も当然、話をして、それがあの話に繋がって…
魔女? ニセカワセミ? あくびをする猫亭? あー、あれ?

すごい混乱するです。要復習。

・Gallery
とにかくいろんな絵師さんの黒猫が見れて満足。

黒猫と少年だったり、黒猫と少女だったり、擬人化だったり。
とりあえず椋本さんの羽耳好きと、椎名さんのアンティーク好きを再認識。

うわ…結局、50ページくらいしか読んでないよ…。

それでは、また。

|

« 集英社『The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 2』 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17251531

この記事へのトラックバック一覧です: C★NOVELS『C★N25』:

« 集英社『The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 2』 »