« 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~綿流し編~下』 | トップページ | 講談社『彩乃ちゃんのお告げ』 »

GA文庫『ジョン平とぼくと 4』

一人一匹、使い魔を従えている。
学校の教科の一つに「魔法」がある。

その程度に魔法が広まっている現代ファンタジー。

魔法落ちこぼれの重君と、ゆる犬使い魔のジョン平が、
「ま、いっか」というノリで進むのんびりストーリー。

…だと思っていた頃が私にもありました。

前3巻までのお話は、見事なまでにその期待を裏切られ続け、
お話としてはそれでも特に問題も無かったんですが、
如何せん、その「意外性による凄さ」ってのが、
私の「のんびりが読みたかった…」気持ちを上回らなかったので、
どーにも今ひとつ感が漂っていた…

訳ですが。

この4巻。短編集。これが。

素 晴 ら し い !

いや、実に良かったです。
正直に言ってあんまり期待していなかった所があったのですが、
全くもって杞憂でした。

疑ってごめんなさいと言うか。

前3巻に出てきたキャラクターの後日談ではありますが、
全然、雰囲気違う。

ジョン平に求めていたのは、こういうノリだ!
という感じで、声出して笑いました。

外出読みは勿体無い。

一人お部屋ででクスクス笑う。こうじゃないと。

って訳で、以下各話感想。
ネタがネタだけにネタバレにはなっていないはず。

・ジョン平と一つの指輪
シリーズ開始前に公式HPで公開された短編。

はっきり言って、これに騙された訳ですね。
漂うのんびり感。微かに漏れている青春恋心。そして幼馴染。

それがあの1巻で…。某掲示板でのお通夜ムード、懐かしい…。
興味があったら、この短編から始めてみることをオススメします。
後の話は、ネタバレ含むから駄目ですが。

で、この話に感想を述べるとすると、オチ以外無いんですが。
あれは無い、というか読者も皆、気付くと思うんですよ。
あれ? それ違うの? 話が続くから違うんだろう。

って、やっぱりそれなのかー!?

それこそを狙ったんでしょうけど。

のんびり分で言うと、「なにが鈴音ちゃんだばか」
と言う重の心の声が素晴らしい。

・ジョン平と地下室の幽霊
ノリとしては、前話と同じく。事件だけどのんびりゆるゆる。

しかし、ポイントは新キャラ鹿屋文月嬢。
これ絶対、先に構図があっただろ的なイラストが素晴らしい。
靴貸しても、しゃーまにーも。

そして二人きり。え、なにこ微妙な雰囲気。
フラグが立ったの? 立ってないの?

最後のお礼はどう解釈すれば良いの?
重君は"また"生殺しなの?

…という話に過ぎないと思っていたら、この後でまさかの。

オチはまたしても酷い。と言うか二度ネタ禁止っ!

あと、ラボラジエってどこかで出てきたような気が。
あれ? 出てきてましたっけ?

・雨の日の三葉は
三葉かわいいよ三葉。

あ、すいません。思わず。
って事で、2巻に出てきた三葉の後日談。

鞄を抱きしめる所は、どっちかっていうと、
重を真綿で絞め殺している描写な気がするんですがどうでしょう?

まだまだ巻が続くなら、伏線かもしれませんけども。
ってか、再開の話は読んでみたいなぁ。
重はどうでもいいけど、三葉のために。

あと、魔法が存在すると占いは違法、と言うのは面白い設定。
確かに諸々の問題を考えると、そうなるかも。

のんびり分的にはドブロイに優秀賞。
エロだぬきって、その視線じゃ言い訳できないです><

・寧先生と返ってきた財布
寧先生かわいいよ寧先生。

あ、すいません。思わず。
って事で、寧先生の一発ネタ。

もう! もう! もう! 寧先生やっちゃったー!
笑うしかない。大爆笑。

ベルが寧やん呼ぶのはいつもの事なんですが、
この話ほど寧やん呼ばわりがしっくりくる話は無い。

寧先生良いキャラだなー。

・タンスターフルの食卓
学園祭に向けて練習をする演劇部の面々。
その一場面を切り抜いただけの掌編。

小 木 津 自 重 し ろ !

まさに一発芸。外伝としては素晴らしい出来。
いやー、笑った。笑い転げた。

・クスクスは夕陽を浴びて
新キャラというか何というかな拓海ちゃん視点のお話。
一番、後日談っぽい話かも。

拓海ちゃん本人もなかなか良いキャラで面白いんですが、
残念ながら後日談という特性上、ヤツが出てくるわけです。

すなわち雨弓嬢。

ヤバイ。雨弓ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。

…のガイドラインが思い浮かぶくらいヤバイです。

えーっ!? これなに、素なの? どっちなの!?
重君がピンチです。

続き読みてー!

ってー訳で。この4巻は非常に愉快でありました。
ここに辿り着くまでには、それ相応の覚悟をした方が良いとは思いますが、
如何でしょうか?

それでは、また。


関連

ジョン平とぼくと 3

ジョン平とぼくと 2

ジョン平とぼくと 1

|

« 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~綿流し編~下』 | トップページ | 講談社『彩乃ちゃんのお告げ』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17170632

この記事へのトラックバック一覧です: GA文庫『ジョン平とぼくと 4』:

« 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~綿流し編~下』 | トップページ | 講談社『彩乃ちゃんのお告げ』 »