« 電撃文庫『キノの旅 11』 | トップページ | 電撃文庫『学校を出よう! 4』 »

電撃文庫『学校を出よう! 3』

著作リスト見て気が付いたんですが、
この頃の谷川氏、滅茶苦茶刊行ペース早いですね…。

この『学校』の1~3巻も2ヶ月置きの刊行だし、
加えて『ハルヒ』もスニーカーで連載、文庫に収録とかやってる訳で。

こんな屁理屈こねくり回した文章だから、
それなりに時間かかっているはず、とか思ってたんですが。

いや、そもそもそのペースだと、
『学校』の1巻の売れ行き関係なく、続巻が決まっていた?

電撃では単行本初ってだけだから、
新人という目で見られていたのではないのかもしれませんが。

それはさておき、3冊目。

舞台は戻って、第三EMP学園です。
高崎兄も高崎妹も宮野も茉衣子も真琴も出てきます。

つまるところ、1巻の続きです。
2巻は、ほぼ無関係。

とは言え、「超能力によって引き起こされる変な事件を解決」
という構図からすると、2巻に通じるものもあります。

要は、1巻ほど読み難くはないから、大丈夫って事で。

そして何より主張したいのが、
今巻、頑張るのは茉衣子くんだという事。

この巻での見所は茉衣子くん。

それ以外にはありまs…あー、類ちゃんも、まぁ、うん。

ってか、これはネコ耳ではなくてクセっ毛ですか?
あざといけれど…反応してしまう自分が…くやしいっ!

両者の救われようも、あざといっちゃあざといですけどね。

そして着々と進行する宮野秀策の魔の手。
性格的に"恋"とは無関係っぽく書かれてますが、否定もされてない。
(優)は、まだ良いとして、液体フィギュアってのが…エロイなぁ…。

しかし、結局の所、この巻ってのは、
舞台戻して、作風も修正してやり直してみました、って感じですね。

話としては、誰も何にもしてない訳で、
伏線がチラッと出ましたが、黒幕でも何でもない訳で。

さてさて、どうなるんだったかしら。

それでは、また。


関連

学校を出よう! 2

学校を出よう! 1

|

« 電撃文庫『キノの旅 11』 | トップページ | 電撃文庫『学校を出よう! 4』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16756530

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『学校を出よう! 3』:

« 電撃文庫『キノの旅 11』 | トップページ | 電撃文庫『学校を出よう! 4』 »