« 電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 6下』 | トップページ | 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃん 10』 »

講談社BOX『刀語 10』

12ヶ月連続刊行、時代活劇絵巻10冊目。
今年もあと3ヶ月ですねぇ…。

西尾維新氏は今月、これ以外に気味朴と壊と囲と、
出まくりですね。

講談社BOXピースって、つまり値段が倍なんですが、
一体、何がどうなっているのやら。

「鍍」と「銃」は正体がほぼ割れているので、
正体不明刀の最期の一本になってしまった「銓」の出番。

…なんですが、

まぁ、なんつーか…、へぇ~、って感じで。

今回も刀そのものでどうこうする話では無かったです。
誠刀だから仕方ないですけどね。

精神修養というか、過去回想というか、そんな話。

一章まるまる汽口慚愧出てくるくらい、
対戦成績がつらつら何回か出てきちゃうくらい、回想。

これを必要と取るか不必要と取るかは各人の勝手でしょうが、
うん、なんだ、12ヶ月連続刊行は楽じゃないんだなって事で。

結局の所、終わりの前に1拍置いたって感じなので、
あんまり「今巻の見所」というほどのものが…。

否定姫の正体、くらいですかね。
引っ張って引っ張って、すごいあっさりと明かされちゃいましたが、
そういうのが『刀語』の雰囲気ですし。

この期に及んで、「勘違いしないでよね! 別に~」ネタで来るとは
思いませんでしたが。
でも姫さま、別にツンデレじゃないしなぁ…。
伏線…?

まー、後は終わるを待つのみ。

とか言うと、期待してないみたいですが、
次の鳳凰戦、期待してるんですよ?

人鳥の活躍だって、期待してるんですよ?

それでは、また。


関連

刀語 9

刀語 8

化物語 上

|

« 電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 6下』 | トップページ | 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃん 10』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

この巻で姫の正体ってでてきましたっけ?
自分は十一話ではじめて読んだ気がしたのですが。
よろしければ、どのあたりだったか教えてもらえませんか?

投稿: | 2007年11月 3日 (土) 20時11分

10巻の第三章でにすね、否定姫がとがめの正体を訝る場面があるのですが、
そこで"何という設定開陳発言…"的に正体を明かしておりましたよ。

投稿: サトロ | 2007年11月 4日 (日) 19時29分

確認できました。わざわざありがとう!

投稿: | 2007年11月 7日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16697666

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社BOX『刀語 10』:

« 電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 6下』 | トップページ | 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃん 10』 »