« 電撃文庫『学校を出よう! 3』 | トップページ | 講談社ノベルス『きみとぼくの壊れた世界』 »

電撃文庫『学校を出よう! 4』

E・M・P! E・M・P!
とか、とりあえずアルファベット3文字を見ると
やってみたくなりますよね?(挨拶)

しかし、今さら言っても詮無いですが、EMPって何?
Extra-Sensory Perception の親戚ではないんだなぁ。

かつての私は疑問なく受け入れてたけど、
いざ、調べてみても出てこない罠。

という訳で、第4巻です。

表紙を見て「また主人公交代かよ!」と思った人は、
はい、残念。

ちゃんと茉衣子くんが主人公です。
(…主人公では無いかな? 茉衣子視点が多いだけで)

話としては表紙の数花を巡って、
第三どころか、第一、第二と全てのEMP学園が関わって、
世界を救う話。

つまるところ、ついに能力者バトル開幕! なのです。

想念体などという化物相手ではなく、
技と思考と制約を持った人間が相手なのです。

その意味では、今回一番輝いていたのは多鹿。vs人間じゃないけど。
応龍カッコいい! もう名前だけで惚れた!

逆に蜩君は、役回り的に仕方ないとは言え、ヘボい。
最後に宮野に連絡する辺りが、処置なしと言うか。

そしてキャラクターとして、宮野が輝いていた…。
この輝きっぷりは素晴らしい。さすが天才キャラ。
茉衣子くんが認めなくても、読者としてはこれは認めざるを得ない。

そんな分かり易い面白さと共に、
構成やらギミックやらも、秀逸だったと思うのです。

まぁ、数花のモノローグの事なんですが。

そして要するに、4巻が私の一番のお気に入りであり、
おススメですよ、という事ですが。

…幼馴染とかネコ耳とかに興味がなければ、ですが。

それでは、また。


関連

学校を出よう! 3

学校を出よう! 2

学校を出よう! 1

|

« 電撃文庫『学校を出よう! 3』 | トップページ | 講談社ノベルス『きみとぼくの壊れた世界』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16772450

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『学校を出よう! 4』:

« 電撃文庫『学校を出よう! 3』 | トップページ | 講談社ノベルス『きみとぼくの壊れた世界』 »