« 講談社BOX『刀語 10』 | トップページ | 電撃文庫『学校を出よう! 1』 »

電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃん 10』

電撃で「自粛」するとしたら、やっぱりコレなんだろうなぁ…。
ほら、アニメ2期とか。

いや、好評放送中らしいですけどね。

1巻の頃から問題視されてきたんだか、呆れられてきたのか、
そんな問題を抱えつつ、とうとう10冊目。

本当に良くここまで来れたものですよ…。

撲殺云々を無しにして、コメディで10巻ってだけでも、
相当なモノですよ。

今巻は書き下ろし大長編1本。

というか、"最終巻" です。

いつもの事じゃーん、と言っちゃえばそれまでなんですが、
今回はそれなりにマジで締めるそうな。

完全なドクロちゃん最終巻では無いにしろ、
とりあえず第1部完ではあるみたい。

次は違うシリーズと言ってますし。

hp上でぽつぽつ他の作品書いてはいましたが、
確かに今までこれ1本だけですから、
ここらが良い転換点ではあるのでしょう。

ドクロちゃんは、まぁキワモノで受けている様なものなので、
以前から、ドクロちゃんじゃないおかゆ作品マダー?
という声もチラホラ出てましたし。

それはそれで期待。

 
閑話休題
 

という訳なので、いつものドクロちゃんではなくて、
締めのドクロちゃんであります。

締めの割りに、いきなり新キャラがポンポン出てきやがりますが。
これ、とりしも氏にこういうキャラ描いて欲しかっただけだろ…。
おかゆさんはホントにエロイなぁ…。

どうでもいいですが、ゼブルちゃんの口調のせいで、
某禁書目録の一方通行が頭に浮かんでしまうと、
いろいろ台無しです。注意。

で、最終回だからとて、良い話ではそんなに無いです。
ザンスさんが良いヤツだなんて、そんな事実は御座いません。

いや、正直な話、
この期に及んで新キャラな所為か、
既存キャラそんなに活躍してないですよ?

ザクロちゃんが役割的にちょっぴり活躍してましたが、
ザンスさん、サバトちゃん、もっと頑張れ。

肝心のドクロちゃんも、何だかいまいちぴぴるぴが決まらなかったというか…。

そして事が天使の話だったので、静希ちゃんの出番が…。
これは…さすがにちょっと、あんまりなんじゃないかなっ?

まぁ、コメディだから、投げっ放しでもいいか。
忘れた頃に、また続きが出そうですし。

あ、しかし、中学生じゃないドクロちゃんとは聞き捨てならないねぃ。
14歳に拘らなくなった桜くんなんて桜くんじゃないやい、的な意味で。

それでは、また。


関連

撲殺天使ドクロちゃんです

撲殺天使ドクロちゃん 3

|

« 講談社BOX『刀語 10』 | トップページ | 電撃文庫『学校を出よう! 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16703821

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃん 10』:

« 講談社BOX『刀語 10』 | トップページ | 電撃文庫『学校を出よう! 1』 »