« 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~上』 | トップページ | 電撃hp Vol.50 »

講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~下』

長々と書くのもアレなので、三行で今までのまとめ。

 ・動的演出も大事
 ・ひぐらし最高!
 ・『怪談と踊ろう~』もよろしく

以上。

これを読みながら、ひぐらしのサントラ流すと、
すごく雰囲気出るんじゃね?
うぉ、これはヤバイ、自分、頭よくね?

って…

意味ねーーーーーーーーー!!!

とか、そんな事やってみたり。

という訳で、この頃はまだ普通に「ミステリ」だった、
ひぐらし第一話、鬼隠し編の後半です。

罪滅し編で、この話の解答が示されて、
それはもう驚きっぱなしの真相だったわけですが、
よく考えたら、鬼隠し編の再読はしてなかったんですよね。

これが解答を知りながら読む、初めての鬼隠し編。

…非常に、鬱いです。

罪滅し編では、振り返りながらの解答だったので、
ちゃんと全ての伏線を理解できていたと思ってたのですが、
改めて読むと気付かされる、様々な誤解。

圭一…本当に、ことごとく間違えてるんだな…。
しっかり正解も示されてる所が、エグい。


と、せっかくなので答え合わせメモ。

以下、致命的なネタバレを含みます。
未体験者注意。

・嘘だッ!!!

全てはここから。
レナにそういう面がある事は事実ですが、
雛見沢症候群だから、「豹変」そのものは妄想という可能性がありますが、
どうなんでしょう?

圭一の戯れ言を正すだけなら、
ここでレナが「豹変」する意味はあまり無いような。

しかし、あの目と溜めが無いと、結構白々しいな、ここ…。

・立ち聞き

トリガーは先の豹変でしょうけど、
この件でもって、「日常の反転」が確実に。

立ち聞き小一時間ってのは、少なくとも事実。
ここは、「電話してるから入りづらい」が正解なんですっけ?

・診療所

お、ここで雛見沢症候群認定だったかしら?
と思いつつも、これって綿流しの後だから、
鷹野さん居ないんですよね。

そも、三四号計画が発動中で、
入江診療所は通常稼動なんですっけ?

・エンジェルモート

鬼隠し編からあったんだっけ? と、存在を忘れてました。
大石さんとエンジェルモートの繋がりが、
ちょっとした違和感だったのですが、さすがクラウド。

登場人物の立ち絵としては、そこまで違和感なかったのだけど、
扉絵で、店内風景として描かれると、すげぇなこの店。

しかし、魅音の叔父さんって、親族会議に出席するような、
あの叔父さんな訳で、その人の経営するお店で、
何を話しているのかと、大石さんに小一時間…

そもそも大石さんは頼りになる刑事役なのに、
レナがノーマークだったり、こういう迂闊をしたりと、
意外と抜けてるので、油断ならない…って、それが罠なのですが。

・おはぎ

決定的瞬間。
仲間が犯人なんて、そんな訳ない、と思ってた人でも、
この場面で詰まったでしょう。

罪滅し編での解答を見たときも、
え!? あれ? そんな…ええええええ!? とか思いましたが、
こうして改めて読むと、さすがに…

って、分かりませんよ…これは。
これは疑えまい…。

この後の段で、こっそり答えが出てますが、それでもこれは無理。

しかし、このちょっとだけ油断させて、ガツン、
っていう緩急のつけ方が異常に巧いな…。

・白いワゴン

忘れてました…。
そういえば、そんな事もあった…。

妄想ではなく、狗の仕業ですよね。
これはやっぱり、症状を進めるためなのかしら?
微妙に意図が分からない。
圭一がL5になったって、あんまり意味無い気がするけど。

村ぐるみの事件、という証拠の一つになってしまう訳ですが、
これもさすがに見通せまい…。

・悟史のバット

雛見沢を代表するグッズの一つ。

ってか、バットを持ち歩くと聞いて某ネスを思い出したのですが、
あいつも結構ヤバかったわけですか。
ボロのバットで、ヘビやらイヌやらカラスやらをボッコボコって、
…ねぇ?

話戻して、
悟史はL5発症以前に野球チームに所属してたし、
それなりに活動はしていたのじゃありませんっけ?

レナの言う突然素振りにちょっと違和感。

しかし、鬼隠し編の話と他の話を繋げるべきでは無いのか。
鬼隠し編では、悟史はそういう事をしていたのかも?

あと、ここでのレナの豹変は、さすがに無理があるので、
圭一のL5であろうと認識。

・オヤシロさま撃退

決定的な超常現象。

ミステリとして読んでいる以上、
祟りなど無い、と多くの読者は思っていたでしょうが、
この場面をどう解釈するかは、相当悩んだ事でしょう。

羽入…罪作りな奴だなぁ…。
…でも、可愛いので許す。

・ごめんなさいごめんなさい

トラウマその2
もうここまで来ると、何が何だか分からない。

ある意味、超常現象ですが、
ここで起こった事は、圭一の心証以外は事実ですよね。

ああ…イタイイタイ…。
解を知ってると、ここでのレナがあまりに哀れ…。
圭一のバカ…。

・宣戦布告

哀れ魅音…。
泣くよなぁ、そりゃ泣くよ…あんまりだよ圭一…。

そしてここが最後の正気だったんだなぁ…。

・あはははは

トラウマその3 あはははは。

ところで、この場面、レナが鉈を持ってるんですが。

某事件の時、「レナは斧じゃないだろ鉈だろ」という話がありましたが、
私としては「罪滅しでは鉈だけど、鬼隠しでは斧だろ」と、
内心で頭を傾げていたのですよ。

それで件のここで鉈出されて、
あれれ? もしかして自分、勘違いしてる?
え、でもじゃあ、斧はどこに?

と、原作確認してきたら、やっぱりここでは斧でした。
あぶねー…アイデンティティを壊される所だった…。

当時から梁を壊すために鉈で、護身のために斧って、
持つもの逆じゃないか? とは思ってましたが。
そも、斧って原作起動時のバトルアックスでしょうから、
完全に間違っちゃってますよね。

ってか、もしかしてコミックとか『祭』とかでも鉈なのか、ここ?

しかし、レナは鉈で何がしたかったのか。
バットを持ち歩く圭一に、そのアホさ加減を教えようと、
極端な例を実践してみた?

…というのが、今の所思いつく最適解なのですが、
ちょっと微妙?

あはははは、は妄想でしょうが、
鉈そのものが妄想ってのは、レナの発言から無いと思うのですが。

・ダム工事現場

おお、こんな所で狗が出てきてたっけ…。

この場面はどう解釈するべきか。
L5発症者を確保しようとしたら、レナが来たから逃げた?
狗なら、レナごとやっちまいそうな気もしますが。

・惨劇

こんなにもすれ違ってしまうとは。
空気嫁、とは言えまい。

監督、という言葉、
こんなにもすれ違ってたんですね…。

で、ここでの狗がまたちょっと不可解。

諸々、工作をしたのは狗ですよね。
で、さらに追いかけたのは、確保するためですよね。

それで、なんで圭一が発見されているのか。

生きたままでの確保が目的だったから?
それともL5発症が目的だったから?

狗は三四側でしょうから、
この期に及んで献体確保はあんまり意味無い気がするんですが。

あと、圭一の遺書、字が汚いのは目を瞑るとして、
こんなあからさまな工作でいいのか。

切れ端に変なの残ってんじゃねーか!

後年気が付いた、ってどんだけ鈍いのか。

そして、最後に「ひぐらしのなく頃に」ロゴが無いと、
かなり拍子抜け。

あれ、効果的だったなぁ…。

それでは、また。


関連

ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~上

|

« 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~上』 | トップページ | 電撃hp Vol.50 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16676931

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~下』:

« 講談社BOX『ひぐらしのなく頃に ~鬼隠し編~上』 | トップページ | 電撃hp Vol.50 »