« 角川スニーカー文庫『らき☆すた殺人事件』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ-』 »

電撃文庫『扉の外 3』

奇作、奇作と叫ばれていた今年の電撃金賞受賞作。
3巻出るのか…とか思ってたら、これで完結。

意味深なんだか、よく分からない引きを毎回していたので、
これはもう期待せざるを得ない。

まぁ、ネタバレ読んじゃっても、
感想はあんまり変わらないかもしれないけど、
一応、退避勧告。

以下、重度のネタバレを含みます。

始まりとしては、2巻と同じ。
2巻でやったゲームとは全く関係なく、
別のクラスで別のゲームが開催。

負け組だったクラス故に、皆でゲームに参加して、
あれ、なんだ簡単じゃん、配給も貰えるし、やったね!
というノリも、段々とおかしな方向に向かい始めて、
何とかしようと主人公ちゃんが、頑張って頑張って、
でも、しかし…。

とりあえず最終巻の表紙が新キャラってのは、
らしいっちゃらしいが、どうなんだ?

てっきり天使様かと思ってたら、中国だったぜ。
美鈴って聞いたら、メイリンとしか読めない自分は、
そろそろ自重した方がいい。

それでは、感想。

んんんんんんんんんなんじゃそりゃあああ!!!

こ、これは、ひど…い?

いや、チラチラと重要な話は出てて、伏線張ってはいますが、
これで最終巻って割りには、いつまでも話が収束しないなぁ、
とか思ってたんですよ。

それで、その、最後が…ええええええ!? 最後!?

ゲーム有りきだから、ストーリーそのものが二の次は仕方ない。
だから、これはこれで、良いのかもしれない。

というか、3巻としてはアリ。
3巻としてはアリなんだけど、最終巻!?

これは間違いなく賛否両論、真っ二つになる。

あるいは…ギリギリ打ち切りなのかもしれない。
どうかな…? ホントにこれはどうなんだろう?

とりあえず気になる点、箇条書き。

・女神様があんまりだ
・天使様があんまりだ
・中国があんまりだ

以上。

って、うぉ!? 結局、こういう事か。

つまるところ、あの空間がどうのこうのって言うのは、
どうでもいいんですよね。

問題は、出てきたキャラクター達。
この辺、ラノベ脳な気はしますが、やっぱりあんまりだって。

結局、アレか。
扉の外には出ちゃいけませんって事なのか。

というか、今巻の百合設定は一体なんだったんだ…?
それが一番、納得いかない。

なんだか考えれば考えるほど、訳が分からんな…。

11月に新シリーズだけど…
期待するべきなのか全然判断付かない…。

それでは、また。

|

« 角川スニーカー文庫『らき☆すた殺人事件』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ-』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16464594

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『扉の外 3』:

« 角川スニーカー文庫『らき☆すた殺人事件』 | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ-』 »