« MF文庫J『ねくろま2。』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『黄昏色の詠使い 1』 »

早川書房『今日の早川さん』

本家はこっち
http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/

知る人ぞ知るWebコミック。
よもや、ネタ元の早川から出版されることになるなんて…。

SF者の早川さん、ホラーマニアの帆掛さん、
純文学読みの岩波さん、ライトノベルファンの富士見さん、
レア本好きの国生さん。

彼女らの日常を描く、という名目で、
本読みの哀しい性をさらけ出そうじゃないか、という話。

つまり、日常的に哀しい、って事ですがね。

知ったのは今年に入ってからなので、
あんまり大きな顔して知ったふりはできないのです。

それはともかく、
本読みネタ、ヲタネタが非常におもしろい。

後ろめたいんだか、うらやましいんだかよくわからない感情。

本家に行けば、全部見られるんですが、
こうして本で読むとまたなんだか新鮮、…って言うと、
もう駄目かな、とか思いますが。

でも、まだ早川さん達の境地には至ってないので、へいきへいき。

感想としては、あるあるwwwとしか言えないので、
以下、気になった所を抜粋。

・年間200日以上電車に乗ってるのに…
電車に乗ってると、人の読んでる本って気になる。

その人が読んでるのが、ラノベっぽかったりすると、
表紙や背表紙が透けて見えないかなー、とか、
挿絵のページ来ないかな、あー、次それっぽい、とか、
章タイトル見れば、なんだか分かるんじゃねーのか、とか、
そんな詮索が好き。

どう見ても、HENTAIです。本当に(略

・あの子があと何年かしてラノベを卒業すると…
卒業できる日が来ると思うな!

・スタニスワフ・レム『浴槽で発見された手記』25000円
馬鹿だ…とは言いません。
むしろいつか、古本屋さんでこういう買い物してみたいなぁ…。
何年経とうと、ラノベでこんなの無いと思いますが。

ヤフオク? いやいや、古本屋さんでなくちゃなぁ…。

・あんたたちもやっぱり自分で小説書いたりするだろ?
特にラノベ読みでは、こういう事あるみたいですが、
私は全くこういうの無いんですよね。

自分じゃ絶対書けないな、と思っているから読んでいる、みたいな。

・今月は何冊本を読みましたか?
わたし、17冊~、って富士見さん、15冊なんですが。

これはアレですよね。
まだ月半ばとかそんな話ですよね。

あー、でも高校生の頃は15冊くらいだったかもなぁ。

・もっと一冊の書籍に敬意を払ってだな、全身全霊傾け…
すいません…。
でも、読んでるときは流し読みのつもりじゃないんだけどなぁ…。

・Web上においても自分の所有物や、観たり読んだりしたものを
 リストアップしないではいられないのがオタク。

…うっ。
で、ですよねー?

なんと言うか、まぁ、
ああ、これ習性だったんだなぁ…。

・「趣味は?」「はい、読書を少々」
 「どんな本を読むの?」「え……ちょ……」

…うっ。
で、ですよねー?

なんと言うか、まぁ、
ああ、これ皆そうなのか…。

・『涼宮ハルヒの憂鬱』内容がSFと聞いたので試して…
ラノベっ子兼SF者の人ならともかく、
純SF者にはどうなのかな、あれ…。

この銀河を統括する情報統合思念体によって作られた、
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース、
とかそういうのでSF分補充?

あ、「作られた」じゃなくて「造られた」だった…。

・就寝時の読書姿勢にも色々ありますが…
私は「うつ伏せ」か「横向き」ですね。
で、横向きの間に寝ちゃう、と。

…いや、うつ伏せでも寝るな。

・おすすめのラノベあったら貸してくれる?
どれにしましょうかねぇ…。

純文学読みって事は、ラノベの基礎は無いんでしょうから、
あんまりネタに走ってるのは駄目ですよね。

学園モノのラブコメか、逆にコテコテのファンタジーか?

・『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』はショックでしたね…
これで読書に目覚めるって事は、
普通にハードカバーに移行していきそうな…。
ラノベとしては異色だし。

・ハインラインの『夏への扉』で~人生変わったよ。
ザ・スニーカーの企画だったんだったかな、
長門の100冊というのがありまして。
ハルヒの下地になったであろう本を100冊紹介っていうアホ企画。

それで知りました。
タイトル覚えちゃうと、他でおススメされてるのにも気が付き、
いつか読んでみたいんですよね。

・読み終えた本の感想は欠かさずblogにUpする早川さんですが…
えーと…。あー…。
やっぱやる人はやるもんなんだなぁ…。

・本好きなやつって、なんで必ず原作の方が面白いって言うんだろうね
映像になると、自分のペースというものがなくなるから、
いわゆる流し読み状態になって、情報量が少なく感じるのではないか、
という論を思いついてみましたが、どうでしょう?

本好きやオタクは、情報量至上主義な所がありますから。

・普通、SFなんて幼稚なもの観ないよね~
これはプッツン切れますって。
でもSFが幼稚という発想が、私には無かったんですが、
これって一般的なんですかね?

ラノベは良く聞きますが…。

・オチ
マジかよ!!!
絶対、夢オチだと思ったのに、マジオチだよ!!!

え、あれ!? これは描き下ろし…?

それでは、また。

|

« MF文庫J『ねくろま2。』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『黄昏色の詠使い 1』 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16554226

この記事へのトラックバック一覧です: 早川書房『今日の早川さん』:

« MF文庫J『ねくろま2。』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『黄昏色の詠使い 1』 »