« 講談社BOX『刀語 8』 | トップページ | 電撃文庫『アスラクライン 8』 »

電撃文庫『狼と香辛料 5』

帯でのアニメ化告知で、また騒然とした訳ですが、
だって支倉氏、デビューしてから1年半ですぜ。

よっぽど、何だな…。

しかし、この作品の肝はホロだとしても、
外せない要素として経済論がある訳で、
あれを台詞で解説するってのは、

なかなか難しい気もするんですが。

銀貨の両替がどうのこうのとか、信用買いでどうのこうのとか。

その辺、見てみないと何ともですが、
…まぁ、見れないだろうな、ここじゃ。

それはさておき、5巻。

4巻では何だか物理的にヤバかったりもしましたが、
当然、そんなのを引きずるはずもなく、次のお話。

いよいよホロの故郷に近付きまして…でも、まだ街での情報集め。
その街の様子がおかしくて、

それを利用した儲け話を持ちかけられて、
…という感じ。

まぁ、儲け話はいつものですが、
…もう1章がまるまるノロケ話で、ベッタベタ。
それでいて、帯とかカラー口絵で爆裂発言が載ってるもんだから、
何がどうなるやら、戦々恐々ですよ。

巻が進むに連れ、ホロが段々と素でベタベタしてくるから怖い。
そろそろ裏を疑わなくてもいいんだよね?
ここまでやったんだし?

最初がベタベタだけに、どんでん返しが最後の最後にあり、
そんな事あるはずない、と思いつつ、
やっぱりドキドキしてしまう。

ロレンス視点で物語が進むのに、
何だかんだロレンスの底が知れないからなぁ…。

さて、今回のお話、これまだ続くのかしら?

年代記作家のお話が中途半端だったような、十分な様な。
まだ街を出ていないから、何かが続くような、
でもお話としては締めてもいいような。

次巻が出る頃には、アニメも放送間近だったりするのかしら。

それでは、また。


関連

狼と香辛料 4

狼と香辛料 3

狼と香辛料 2

|

« 講談社BOX『刀語 8』 | トップページ | 電撃文庫『アスラクライン 8』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16464719

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『狼と香辛料 5』:

« 講談社BOX『刀語 8』 | トップページ | 電撃文庫『アスラクライン 8』 »