« 電撃文庫『狼と香辛料 5』 | トップページ | MF文庫J『ぷいぷい6!』 »

電撃文庫『アスラクライン 8』

公式煽りは一貫して「スクールパンク」ですが、
なんかもうカテゴリがカオスってきているこの作品。

混沌としてきたのは、前巻からな訳ですけど。

混沌としてきたって言うか、笑えなくなってきたって言うか、
ううん…。

前巻の終わりがアレで、でもアスラクラインだし、
巻始めは普通に始まるんだろうなという予想は、
大体合っていましたけど。

今巻も、いろいろコメントし難い…あれやこれやで、
てんやわんやでした。

一言感想を申せば、「良かった…」か。
良くはない、良くはないんですが、

でも…最悪ではなかったというか。

いやいや、でもこの展開は

あるいは作者の悪意が込められてたり?
前巻に引き続き、読後はかなり酷い気持ちに。

と言うか、まず冒頭が酷い。
律都さん、これは本気で洒落になってない。
イラストは効果的っちゃ効果的なんだけど、若干フライング気味。
これほど恐ろしいネタバレもない。

その後、コメディパートではあるんですが、
ちらちら挿入される、不安材料の所為で全然笑えない。

帰ってこなかったとか、行方不明とかね、

簡単に言うもんじゃないよ。
家出ヨクナイ! 駄目ゼッタイ!

それでも、その辺は見ない振りとかしちゃって、
引きつった笑いでも浮かべていられます。

終盤のアクションパートと言うか、世界観解説パートと言うか、
シリアスパートがですね、もう…。

そりゃ、いよいよ核心に迫ろうかという

作品の雰囲気は感じてますよ。
前巻で、痛感したばかりですしね。

でもね。まさかね。

通り過ぎちゃうとは、思わなかったのですよ…。

いやいやいやいやいやいやいや。
こうもあっさりと。

これでまた、話の終わりが見えなくなったな…。
何がどうなるんだ、これ…。

それでは、また。


関連

アスラクライン 7

アスラクライン 6

アスラクライン 5

|

« 電撃文庫『狼と香辛料 5』 | トップページ | MF文庫J『ぷいぷい6!』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16464709

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『アスラクライン 8』:

« 電撃文庫『狼と香辛料 5』 | トップページ | MF文庫J『ぷいぷい6!』 »