« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の11件の記事

電撃文庫『アスラクライン 8』

公式煽りは一貫して「スクールパンク」ですが、
なんかもうカテゴリがカオスってきているこの作品。

混沌としてきたのは、前巻からな訳ですけど。

混沌としてきたって言うか、笑えなくなってきたって言うか、
ううん…。

続きを読む "電撃文庫『アスラクライン 8』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『狼と香辛料 5』

帯でのアニメ化告知で、また騒然とした訳ですが、
だって支倉氏、デビューしてから1年半ですぜ。

よっぽど、何だな…。

しかし、この作品の肝はホロだとしても、
外せない要素として経済論がある訳で、
あれを台詞で解説するってのは、

なかなか難しい気もするんですが。

銀貨の両替がどうのこうのとか、信用買いでどうのこうのとか。

その辺、見てみないと何ともですが、
…まぁ、見れないだろうな、ここじゃ。

続きを読む "電撃文庫『狼と香辛料 5』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社BOX『刀語 8』

今月頭の新刊のはずなのに、読み終わるのがこんなに遅く…。

それはともかく、ついに8冊目。
中盤終了とか言われると、微妙に感慨深い気もしてきます。

というか、それを一番感慨深く感じているのは、
間違いなく作者でしょうけど。

12ヶ月連続刊行に加えて、他にもポロポロ作品出てるし、
今年は西尾維新氏、執筆以外何もしてないんじゃあ…。

そんな心配は大きなお世話以外の何物でもないでしょうから、
さておいて。

続きを読む "講談社BOX『刀語 8』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『みずたまぱにっく。 2』

ハセガワケイスケ氏、久しぶりの新刊はこのみずたまでした。

しかも間を置かずにじーちゃんジェットも出るそうで、
久しぶりなのはこの準備期間ですかね。

続きを読む "電撃文庫『みずたまぱにっく。 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 1』

第11回スニーカー大賞の奨励賞受賞作。

某ラノベサイトでやたらと評価が高かったので、
手に出してみることに。

続きを読む "角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社『カナスピカ』

秋田禎信氏の単行本新刊。何故か講談社で。

煽りがいい具合に内容を表してまして、
「すこし不思議、だけどシンプルでまっすぐな、
 とびっきりの初恋ストーリー」

という感じの本であります。

続きを読む "講談社『カナスピカ』 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『とらドラ5!』

電撃の中の…まだ、中堅作家なのかしら?
あの搬入量からすれば立派な看板作家、竹宮ゆゆこ氏の最新刊。

もはやラブコメジャンルではずば抜けている、
…とか思うのですが。

古典お約束ジャンルだから、異色目立ちしてるだけ?

何にせよ、私の期待度数は1巻の頃から、
天井知らずのうなぎ登りなのです。

どこが面白いの? と聞かれたら、
とりあえず読んでみろ、と自信を持って勧められる本。

以下、軽度のネタばれ注意。

続きを読む "電撃文庫『とらドラ5!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミ通文庫『学校の階段 6』

青春と言えば無駄遣い!
無駄遣いこそ青春!

なんて、今だから言える。

過ぎ去り学生時代、懐かしい…。
何で無駄遣いしなかったかなぁ…。

続きを読む "ファミ通文庫『学校の階段 6』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潮社『青少年のための読書クラブ』

桜庭一樹氏の新潮では初めてかしら? な単行本。

そういえば赤朽葉、残念ながら直木賞は逃したらしいですね。

これはその話題になるちょっと前に出た奴で、
もともとは小説新潮に載せていたお話だそうです。

秘密のお嬢様学校の、はみ出しクラブ「読書クラブ」に伝わる、
学園の裏話が書かれたクラブ誌。
それを読んでいる体裁で、100年が語られます。

続きを読む "新潮社『青少年のための読書クラブ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宙出版『となりの801ちゃん 2』

攻めの反対は守り!

と、唱えておかないと危険だって、けーねが言ってた。
その道の人だって思われちゃうって。

そんな事より、まさかの2巻が発売された訳で、
そわそわと発売日に買いに行ってしまった訳で。

続きを読む "宙出版『となりの801ちゃん 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MF文庫J『イコノクラスト! 7』

忙しすぎて倒れるんじゃないかと思っていたら、
本当に倒れていたらしい榊一郎氏の巨大ロボットなシリーズ。

巨大ロボでバトルというシリーズテーマも、

どうでもよくなってきたなー、
という気がしないでもないですが、そこはスルーでカバー。

スルーの使い方間違えてる気もしますが。

続きを読む "MF文庫J『イコノクラスト! 7』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »