« 電撃文庫『学園キノ 2』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっとメイドの巻』 »

富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』

富士見ファンタジアって、
あんまり突き抜けたバカ本無いんですが、
この『まぶらほ』、しかもメイドの巻シリーズは、
間違いなくバカ。

いや、良い意味で。

そんなバカ学園コメディシリーズの番外編。
ま、番外編もいろいろあって、一括りに出来ないのですが、
分かりますよね?

いつもなら夕菜と玖里子と凜(と舞穂、他)で
和樹を取り合うわけですが、
このシリーズでは第五装甲猟兵侍女中隊vs夕菜が基本スタンス。

和樹も魔法もどんどん関係なくなっていきます。

戦略と銃弾、そして拷問。
それがこのシリーズに期待されているものです。

決してメイド目当てでは無いのです。
こつえー氏がイラスト担当なもんだから、
とてもギリギリなメイド絵ですけど、それは二の次なのです。

さて、続くと思ってたんだか思ってなかったんだか分からない
この1冊目ですけど…
実際はそんなにバカでもなかったり。

いや、メイド狩りとかいう発想だけで十分バカな気もしますが、
今の世の中には10000人の妹を出したり、
1000人の巫女を出したりする小説がありますから、
100人くらいメイドが出てても、まぁ…有りかなって。

夕菜も今までの状態からすると、まだ許容範囲内の黒さ。
むしろ黒夕菜だと本編が一番期待できるのですが、
それは本編が出ないうちは気が付かない方向で。

とは言え、まさか、あんな拷問を平気で実行するとは
誰も思ってなかったでしょう。
あれはさすがにメイドでなくても、陥落せざるを得ない。
エーファは悪くないよ!

主な感想はこれくらいですか。
強いてもう一つ挙げれば…和樹のチキンっぷりに絶望した!
というくらい。

でもそんなの、いつもの事ですからねぇ。
それに和樹がチキンじゃなかったら、
この小説はただの18禁小説ですし。

しかし、これがまだまだ続くのです。
絶対に鬱にはならない、と言う保証があるのがバカ小説の良い所。

それでは、また。

|

« 電撃文庫『学園キノ 2』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっとメイドの巻』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16468561

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 :

« 電撃文庫『学園キノ 2』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっとメイドの巻』 »