« 角川スニーカー文庫『戦闘城塞マスラヲ 2』 | トップページ | 講談社BOX『刀語 7』 »

富士見ファンタジア文庫『殺×愛 7』

富士見の「ラブ寄せ」の波に便乗し…
出版社プッシュ作品になり…
こうして2年半、8冊もの長編になり…

ついに完結です。

日記が面白い人、というだけで作品買い始めたのが
そんなに昔か…。

…というとそんな事も無く、ちょうど1年前なんですけどね。

それはさておき。
途中、ちょっとダレたりもしましたが、
こうして読み終わってみると、非常に良い話だった。

密のアホ戯言も鬼畜プレイも、今なら許せる。
…いや、許せない。

サクヤの分は、ギリギリなんとか許したとしても、
微とにゃみちゃん、来夏と高天原A先輩は
被害者の会を設立すべき。
さっちゃんといいんちょも入るべき。

…とか、そんな冗談しか書くこと無い。
読み終わっちゃうと、語り終えられちゃうと、
ホント何にも書くこと無いね…。

最後の展開は「こうならざるを得ないか…」という、
どうしようもなくベタな展開でしたし、
そもそも、それを求めて読んでいた訳で、
予想通り、予定通りに死にたい。

とりあえず壁に頭ぶつけて、
ブツブツ呟いてみた所で満足したので、
そう重傷では無さそうですが。

その辺はまぁ、エンドロールのおかげなんでしょう。

ああ、駄目だ。いろいろ書いたけど全没。

良い話でした。

これでいいや。これだけでいいや。

それでは、また。

|

« 角川スニーカー文庫『戦闘城塞マスラヲ 2』 | トップページ | 講談社BOX『刀語 7』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16469043

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『殺×愛 7』:

« 角川スニーカー文庫『戦闘城塞マスラヲ 2』 | トップページ | 講談社BOX『刀語 7』 »