« 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっともっとメイドの巻』 »

富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっとメイドの巻』

皆、メイド大好きなんだなぁ、と分かる小説。
これが連載になろうとは…。

前巻は1冊で1話という感じでしたが、今巻から短編。
ドラマガ本誌で本短編連載、季刊の増刊でメイド編連載、かな。

富士見の情報はあんまり集めてないので良く分かんないですが。

そんな訳で硝煙と侍女が入り乱れる2巻です。

今巻では和樹くん、唐突にロンドンまで攫われて助けられ、
さらに奪還作戦が行われる中、自ら調停をしたにもかかわらず、
相変わらずの空気っぷりです。

さすがは元幽霊、存在感無さ過ぎ。
事態の中心のはずなのに蚊帳の外ってのは、どういう事なんだ…?

ハーレム物の主人公には、
せめて「優しい」程度は取り得がある物ですが、
メイド編での和樹は、全く何にも無いですね。

まぁ、本編でもあるとは言い難いですけど。

空気感で言うと、玖里子さんと凜ちゃんも一緒なんで、
メイドと夕菜が頑張り過ぎという説もあるかも。

夕菜とか勝っても負けても、面白いですから。
煽てられて騙されたり、勝ち誇って吶喊したり、
捕縛されて辱められたり、監禁されて精神崩壊したり。

さすがに
「会ったことも無いはずの少女」 の名前が出てきたのは吹いた。
愛されてるなぁ…。

しかしリーラの底知れなさも異常。
リーラの頑張り具合によって、このメイド編の真価が決まるはず。
期待。

それでは、また。

|

« 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっともっとメイドの巻』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16468520

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっとメイドの巻』:

« 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ もっともっとメイドの巻』 »