« 電撃文庫『空ノ鐘の響く惑星で 外伝』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 »

電撃文庫『学園キノ 2』

「周りの人から勧められても
 生半可な気持ちで読んではいけません」

な本が再び出てきてしまいました。

キノの旅 第四部、学園編の2冊目です。

まさかの第2巻…。

誰もが、作者さえもが言っていますが、
1巻が発刊されただけでも奇跡のようなものだったのに、
まさか2巻が出るなんて…。

1巻はまだギリギリ分かるんですよ。
書いちゃったから、まとめれば1冊になる。
だから1冊出しちゃえ。
そういう理屈。

でも2巻を出すにはまだ全然早い。
既出の話なんてBUNKOYOMIのアレと、
6月のhpに載ってたアレだけ。

この本300ページ中、250ページは書下ろしですからね。
あとがき含め。

ほとんど書下ろしですよ。
つまり、学園キノ出しちゃえ、で出てるんですよこの本は。

電撃編集部には多分、ツッコミ役が居ないんでしょうね。
…もう駄目かもわからんね。(褒め言葉)

さて、それでは2巻ですが、新キャラが素晴らしすぎる。
サモエドだとか、ワンワンだとか、変態ばっかりだったですが、
この新キャラはあまり変態変態してなくて良い。

と言うか、キノ本編で出来ない事をやってくれるので、
すごく可愛かったりして実に良い。

たとえ微妙にリリトレでのアリソンさんに
キャラが被っているような気がしても、気にしない。

何だか、これ読むと無性にアリソンが読みたくなってきたです。
要注意。

そして、あとがきが最近のラノベにはあまり見られない
作者語りだったので、妙に懐かしい感じ。
「時雨沢」の由来がまさか、アレからだったとは…。

あと執筆ペースの話も気になるところ。
年3~4冊ペース、キノ1冊、アリソン2冊で今まで来てましたけど、来年はどうなるんだろ。
リリトレの新刊出るのかしら。

さらに、学園キノ3巻…来年に出ちゃったりするのかしら…?

それでは、また。

|

« 電撃文庫『空ノ鐘の響く惑星で 外伝』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16468723

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『学園キノ 2』:

« 電撃文庫『空ノ鐘の響く惑星で 外伝』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『まぶらほ メイドの巻』 »