« 電撃文庫『天空のアルカミレス 4』 | トップページ | MF文庫J『ねくろま。』 »

電撃文庫『天空のアルカミレス 5』

アクションホラー改め、異能バトル改め、変身ヒーローモノ。
シリーズ最終巻。

ラスボスが空飛ぶお城で逃げちゃったもんだから、
パーティ編成も慌しく、攻め込む主人公達。

敵もわらわら、そしてラスボスがぐぇっへっへ、ですよ。
RPGのシナリオじゃないかって感じのクライマックス。

と、ここまでで半分くらい。

さすがにラスボスがラスボスじゃなくて、
真のラスボスが出て、そして明かされる主人公のしょうた…



な。

な。

な…

ぬぅうわぁぁぁんだってぇぇぇぇぇぇぇ!?

ななななななななななな!?
MMRもびっくりだぜ。

いや、今までだって、「紫の者」とか「カゲヌシ」とか、
突拍子もないというか、とんでもない設定ではありましたけど。

でも…こ、これは…。

思わず吼えちゃいましたよ。
あぶねー、外で読んでなくてよかった…。

前巻までの諸々は一体何だったんだ…。
調整がどうとか、5分しか戦えないとか、人間の限界が云々とか…。

死ぬほど、びっくらこいたわ。
「びっくらこいた」とか久しぶりに使ったわ。

その後にしても、バレットとか、亨司とか、城とか、大気圏とか、
ちょ、おま…!!! 的な展開目白押しなのですが、
いやー、人間の適応能力ってのはすごいもので…慣れるもんです。

そんな訳なので、ここまでしちゃうとさすがに、
好きな人にしか、受け入れられまい。
あっさり終わるよりはよっぽど良いですけど。

ストーリー構成的な感想はこのくらいで。

キャラクター的には一応、全員、落ち着くとこに落ち着いた…かな?

びっくり超展開によって、幼馴染頂上決戦がどっかいっちゃったのは、
残念ではあります。
ラストがあれだから、不戦勝、なのかしら。

代わりと言っちゃ何ですが、毬子が意外にも良いとこ取り。
まさか最後まで描かれるとは。

意外といえば高橋もですが。
まさか死なないとは思わなかった。

思ったほど鬱分は摂取できなかったけど、
想定外の何がしかを大量摂取でお腹一杯だ…。

それでは、また。


関連

天空のアルカミレス 4

天空のアルカミレス 3

天空のアルカミレス 2

|

« 電撃文庫『天空のアルカミレス 4』 | トップページ | MF文庫J『ねくろま。』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46223984

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『天空のアルカミレス 5』:

« 電撃文庫『天空のアルカミレス 4』 | トップページ | MF文庫J『ねくろま。』 »