« 富士見書房『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ Tinytales1』 »

富士見ファンタジア文庫『クジラのソラ 3』

スペースファンタジー、まぁそうなんですが。
富士見のSFだから、これってのが何か納得いくような。

近未来舞台の天才と秀才で友情とライバルで気合で優勝な、
そんなスポ根的な話かと思いきや、実は世界滅亡系のファンタジー。

風呂敷の広げっぷりにただただ呆然とさせられた2巻でしたが、
この3巻、これがまた…!

一応、話的には準々決勝、準決勝と決勝戦の話。
もう全然、ゲームじゃないですが。

秀才である雫と天才である冬湖の絆、がメインと言えばいいの?
百合っぽいとか、もはやその程度じゃないと思う。
カラー口絵を見て、不覚を取る所だったです。

というか、急展開なのですよね。
まさか、ここでこうなるとは思っていなかったという感じ。
まぁ、天才だからどれだけ飛び級しても良いっちゃ良いんですが、
雫がいるし、そうそう天井知らずでもあるまいと思って、いた?

この意外性が何に起因するんだか良く分かんないですが、
今巻の冬湖はちょっといろいろとんでもない。

こう規格外にとんでもないと、読み終える着地点の予想が立たなくて、
ものすごくハラハラする。すげぇ!

そんな感じで物語はものすごい勢いで収束に向かっている、様です。
あと1冊で終わるっぽいですけども、どこに収束なのか…。
今巻の事件の解決が、なかなかエキセントリックだった上に、
あれ? 決勝戦終わっちゃってますが…?

ゲームで最終決戦するとすると、相手の問題も。

後は人間関係もどうなるやら予断を許さない感じで。
アリスと聖一がくっつく事はどうやらなさそうだし、
雫は聖一じゃなくて冬湖とくっつくんじゃないかという勢いだし。
どうすんだよ…これ…。

それでは、また。


関連

クジラのソラ 2

クジラのソラ 1

|

« 富士見書房『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ Tinytales1』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17187363

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『クジラのソラ 3』:

« 富士見書房『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ Tinytales1』 »