« ファミ通文庫『まじしゃんず・あかでみい 7』 | トップページ | 富士見書房『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 »

ファミ通文庫『まじしゃんず・あかでみい 8』

佳境に入ったもんだからラブコメ分が…コメが…パロが…!
という訳で、最終回の上巻だそうです。
サブタイからしてやばいです。

私としては、某もってけセーラー服ネタが入っていると言うので、
その真偽を確かめるべく早急に調査するつもりでしかなかったので、
むしろこの展開に対する防御を考えていなかったため、
…やられました。

そんな本編8冊目。
6巻で敵がお目見え。7巻でその実力が見え隠れ。
そしてこの8巻でドカン!

魔法使い、天使、悪魔、皆々すべてやられてしまうとは…。いや、驚いた。
先輩なんかは、やられた振りして…みたいな役割でもおかしくないので、
ここで退場でもまぁ、おかしくはないのですし、
12席委員会の面々とかも、出番的にも実力的にもちょっとあっさりすぎ…
な感じはありますが、立場的にはそうされても不思議じゃない。

が、アガりんとガブやんは…驚いた。
と言うか、今でも信じられないのですが…。
うそ…あんだけ意味深に、なんかやってたのに…。
コレで終わると思うなよ、なの?

お約束通りの孤立無援ではありますが、しかし強いな…敵方。
教授連中や大悪魔、大天使の「強さ」がかなり強調されてただけに、
これはお約束と分かっていても、なかなか…。

そして最期のお約束。助っ人登場。
これも予想して然るべきだったのでしょうけど…いや、どうなんだ?
私は、あれが伏線だとは思わなかったですが、
でもお約束だからして…私が鈍かっただけ?

まぁ、あとはやれる事をやるだけ。
おそらくラブコメ方向には決着つかないでしょうが、それはそれで。
次巻、及び次シリーズを待つという事で。

読書的感想はこれまでですが、ゲームについて語らねばなりますまい。
PS2でゲーム化。
あー…まじか…やっちゃった…なんて思ってたのですが、
SRPGというのを聴いた瞬間、なるほど、と思い直しまして。
しかしよくよく見るとMM-SRPGなんだそうで。
なんだ、もえもえしゅみれーしょんあーるぴーじーってのは。
と思ったらどうも、もえもえっぽいですよ。
草冠に日と月ね。すごいことになりそうだ…。

ってか、声ですよ声。タナ郎ですよタナ郎。
千和さんですよ千和さん。斎藤千和さん。
ん~? ん~!? ぬぅわにぃっ!? ですよ。

サンプルボイス、即座に聞きました。
8巻あとがきに榊氏も書いてますがね、これがまたすごい。
千和さんに「みゃ」とか言わせたらね、そりゃピッタリしっくり来るっての!
と言う感じで楽しみなのです。
6月発売って聞いたので、もうすぐですな。

まだPS2持ってないがな!

それでは、また。


関連

まじしゃんず・あかでみい 7

まじしゃんず・あかでみい 6

|

« ファミ通文庫『まじしゃんず・あかでみい 7』 | トップページ | 富士見書房『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17610245

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『まじしゃんず・あかでみい 8』:

« ファミ通文庫『まじしゃんず・あかでみい 7』 | トップページ | 富士見書房『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 »