« 電撃文庫『断章のグリム 4』 | トップページ | 電撃文庫『レジンキャストミルク 6』 »

電撃文庫『しにがみのバラッド。 10』

しにがみのしにがみによるしにがみにのための物語。
ついに10冊目ですよ。
短編連作という形では、かなり稀有な長寿シリーズになってきましたな。
キノも10冊だし。

9巻からは7ヶ月ぶり。
ま、『みずたま。』からは3ヶ月ぶりだから、こんなもんですか。

第1話、花咲か女子高生の話。
キーワードは「えいよう」
いつもの感じの出だしかと思いきや、
どっちかっていうと『みずたま。』ノリな話。
万年桜と宇宙猫に微妙に繋がりアリなので、
おお! と思いつつ読んでみたけど、決定的なリンクは見当たらず。
と言うか、決定的なオチがなくてびっくり。
話の流れはそのままなのだけど、どこに行き着いたのか分からない、というか。
何と言うか…難しい…。

第2話、死神と対する少女の話。
キーワードは「メモ」
ガラッと雰囲気変わって、スゴイ話が来たな、
と思ったら、かなり前の作品だそうで。電撃hpの34号が初出。
物語構造的には、思春期の女の子の話としてかなり王道な感じ。
通過儀礼とでも言いますか。幸せな話ではないのですけど。
ところで「しにがみの噂」とか聞くと、
どうしても不気味な泡の方を思い出してしまうのですが、
これは…何かあったのかしら。

第3話、義双子の話。
キーワードは「お手上げ」
少コミ版しにバラ。の雰囲気バリバリな話。
だからしにバラ。としてはかつて無いほどやさしい話。
何かもう、展開が少コミ風というか。
ラストのオチなんかが特に。
ダニエルはもう少し頑張るべき。例え結果に結びつかないとしても。

最後、エクストラ10話目。
話の雰囲気だけ見ると、かなりクライマックスなんですが。
これはうっかりするとしにバラ。終わるかも、くらいに。
オープニングとエンディングでも、かなり具体的な話になってきましたし。

しかし、この巻ではきっと「うみねこのプリズム」だと思ってたのに、違うのが。
バラバラな短編まとめと言うか。
やっぱりしにバラ。を纏めにかかってるのかなぁ…。

それでは、また。


関連

しにがみのバラッド。 9

しにがみのバラッド。 8

しにがみのバラッド。 7

|

« 電撃文庫『断章のグリム 4』 | トップページ | 電撃文庫『レジンキャストミルク 6』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40822412

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『しにがみのバラッド。 10』:

« 電撃文庫『断章のグリム 4』 | トップページ | 電撃文庫『レジンキャストミルク 6』 »