« 電撃文庫『断章のグリム 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 3』 »

GA文庫『ジョン平とぼくと 2』

ゆる犬とぼくと、って事です。
つまりはそういう話なのです。

ただ前巻でいろいろ書いた感じとは、今巻やや違うかも。
ミステリ色が吹き飛んで、一気にファンタジーな感じ。
ハートフル、って言うのともちょっと違う様相な気がしてきました。

話としてはかなり明確になってきました。
…とは言え、ジョン平がいつも通りなので、何とも言い難いですが。

そんな訳で去っていった猫の話。
よく考えたらタイトル通りの話ではあるんですが、
ミステリ色を捨てた以上、深読みしながら読む意味もないものですし、
最後の最後まで、どうなるか分からなかったのでした。

いやしかし、重が…あんまりだろう…これ…。
今巻の話の感想としては、これしか言えない…。
ジョン平の能力を暗喩通りなのだとすると、これはあんまりだ…。

三葉ちゃん…新しいヒロインにしか見えないのに…。

まぁ、いつか何とかなるんだと信じてみますよ。
敵を明確にするだけにしては、勿体無い…。

ただ、安心事項として、先生再登場おめでとうってのがあるので、
どうにも秤にかけ難い訳ですが。

次巻以降も、先生がすごい活躍をしますように…。

それでは、また。


関連

ジョン平とぼくと 1

|

« 電撃文庫『断章のグリム 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 3』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17170785

この記事へのトラックバック一覧です: GA文庫『ジョン平とぼくと 2』:

« 電撃文庫『断章のグリム 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 3』 »