« 講談社BOX『化物語 上』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 3』 »

講談社BOX『化物語 下』

ここの所、というかネコソギ下以降の
西尾氏の執筆スピードがとんでもないことになってますが、
大丈夫なのでしょうか…。

上巻の続き、というか締めですね。
化物語はこの下巻で、おそらく終わり。

キャラクターに中毒性があるので、
この物語の終わりってのは、残念ではあるのですが。

そういう意味では、かなりしっかりとまとめ切っている…
かと言うと、そうでもないのかしら。

鬼の話、妹2人の事、泥沼のその後、
まぁ、『戯言』の諸々と同じように、
その辺りは詳しく語るべきではない部分なのかもしれませんが、
どうも今回は趣味の話らしいから、
ネタがあるなら書いちゃっても良かったのかも。
私的には、その方が嬉しかったですね。

想像の余地があるなら、作者の想像をこそ読んでみたい、
ってのが、私の持論。

しかし、鬼の話はギリギリ語らなくてもいい所と、認めてもいいですが、
泥沼のその後に関しては、ちょっとこの終わり方は
ぬるいんでないかと思うのですが。

決着が一応ついてるのって、神原と八九寺くらいなもんで、
羽川と忍がボーダーライン、撫子だってやる気じゃないですか。
どう見ても戦場ヶ原は安全圏で安心できる様な気がしないのですが…。
阿良々木が阿良々木なだけに、っていう話ではありますが。

まぁ、これは…2冊で終わるからこそのテンションであったという、
そんな気もしますから、これで終わりでいいのかもしれません。

しかし、いつかこんな掛け合いやってみたいなぁ…。

「ついにただの誤植になっちゃった!」なんて、
すごく…言ってみたい…。
文字世界に入らないと無理、っていうのが難点ですが。

とにもかくにも、結局のところ、装丁以外はかなり好印象でした。

それでは、また。


関連

化物語 上

|

« 講談社BOX『化物語 上』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 3』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16619803

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社BOX『化物語 下』 :

« 講談社BOX『化物語 上』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 3』 »