« 富士見ミステリー文庫『ネコのおと』 | トップページ | 講談社BOX『化物語 上』 »

電撃文庫『みずたまぱにっく。 1』

ついこの間、馬鹿みたいに紹介した『しにバラ。』の著者、
ハセガワケイスケさんの新刊です。

と言っても『しにバラ。』の新刊に非ず、
新シリーズってやつです。

紹介のあらすじが、それはまぁ訳分からなかったので、
随分とやきもきしながら待っていた訳ですが…これは…!

カテゴライズするなら、ハートフル学園コメディと言った所か。
魔法なしで、現代が舞台、苦学生風の主人公は中学2年。

第一印象としては、どうしたハセガワ…!
『しにバラ。』がああいう話だから、
心配になるのはやむを得ないと考えてほしい。

この冒頭から後半まで、K-Ske節の軽い部分を、
これでもかと書き込んだ感じ、そんな印象でした。
もし名前隠されてたら、うっかり分からないんじゃないか、
それくらい雰囲気が極端だったかと。

後半からの意味深ないろいろで、ようやくバランス取れてきたかな、
という感じですよ。

…なんて。
そんな理屈はどうでもいい。
これはある意味、七草さんの魔法ですよ。
こんな「Boy meets Girl」は…ひどい…!

「メイド服」とか「だお」とか「エアメガネ」はギリギリ見逃したとしても、
こいつは、やられたぜぃ…!

境界線の崩壊ですよ、これは。
完全に「そういう方向」では何の防御も考えて無かったです。
これはズルイと思うなぁ…。

楽しみになっちゃったよ…これは…。

あともうひとつ。
これはうっかりすると、『もも。』とコラボしますかね。
舞台が一緒だったから。
是非、してほしい。
どっちがどっちにお邪魔するか、楽しみで仕方が無い。

それでは、また。

|

« 富士見ミステリー文庫『ネコのおと』 | トップページ | 講談社BOX『化物語 上』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43189783

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『みずたまぱにっく。 1』:

« 富士見ミステリー文庫『ネコのおと』 | トップページ | 講談社BOX『化物語 上』 »