« 電撃文庫『しにがみのバラッド。 4』 | トップページ | 電撃文庫『しにがみのバラッド。 6』 »

電撃文庫『しにがみのバラッド。 5』

この巻では明確な超常が出てきます。

今までの話では、せいぜい非日常くらいなもんで、
身近な「死」の話だったのですよ。
というか「そういう路線」だと思ってた訳です。
けっこう予想外にあっさりと超常要素が入ってきたのは、
まぁ、なんというか評価が分かれるんでしょう、きっと。

プロローグ、エピローグがそれぞれ、
「傷跡の花。」と「水のないプール。」のそのもの後日談であったり、
エクストラが「続く」となっていたり、いろいろ「転」要素が多い気が。

第1話、カメラっ娘と魔法使いの先輩の話。
キーワードは桜。
これでもかって言うくらい、青春青春した話。
まさに中学生の恋、って感じで。

万年桜の魔法、とか言うと、それなんてエロゲ? ですが、
内容は全然関係ないので、大丈夫。
ただ、魔法ってのがちょっと突拍子もなかったかなぁ…って、
思ったのは私だけではないはず。
普通に手品でごまかしても良かったのでは。
魔法だと魔法の理論が欲しくなる私なのです。
あ、あと名ゼリフ「戦って殺れ」2回目の登場。

第2話、しっかり者っぽい娘さんと、しっかり者の猫と、
頼りないお父さんの話。
キーワードは家族。
自分でも自覚はあるのですが、こういう話に弱いです。
誤解を恐れず言うと、「未成熟の子が大人ぶる話」

この話では、子供視点、親視点、そして猫視点とあるので、
なんだか展開が早い気もしますが、
それでも胸にこみ上げてくる物があるわけで。
この場合だと正解がないので、もやもやしっぱなし。
しかし、ちょっとお父さん頼りなさ過ぎ、という気もしますが。

第3話、死神とユカイな仲間達の話。
キーワードはチー坊。
不条理。この話は非常に不条理。
まさかこのまま終わらないよね? と思っていると、終わります。
話だけでなく、己が心も終わります。
あんまりにもあっさりすぎて…あぁ、もう何も言うまい。
伏線だとも考えられる諸々は、何かの暗喩だったりするのかしら?
理解が及んでないだけ?
不思議な力、くまのぬいぐるみ、死神…。

エクストラの5話目。永久の花、です。
続き物になって終わっているので、結構、重要な話なんでしょうが、
なんかいろいろ、ファンタジー理論の方に気がいっちゃって…。
とりあえず、圏外って何だ、圏外って。
データベースとか、急にSFっぽくなってきちゃったけど。
あと、これは世迷言ではあるんですが、
この永久の花ってのと、洋館っていう単語、
1巻のあの話と、何か関連があるのかしら?
何も見出せないけど、このちょっとした繋がりがどうにも気になって。

それでは、また。


関連

しにがみのバラッド。 4

しにがみのバラッド。 3

しにがみのバラッド。 2

|

« 電撃文庫『しにがみのバラッド。 4』 | トップページ | 電撃文庫『しにがみのバラッド。 6』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40822302

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『しにがみのバラッド。 5』:

« 電撃文庫『しにがみのバラッド。 4』 | トップページ | 電撃文庫『しにがみのバラッド。 6』 »