« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の5件の記事

富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 4』

去年の富士見の新人さん。1年経って4作目。
それはもうこれでもかというくらい富士見らしい王道ファンタジー。
こういう作品を読むたびに、
「ああ、富士見って変わんないなぁ…」なんて感慨に耽るのです。

王道ファンタジーなので剣と魔法と中世です。
世界観を説明し、国と国との関係を説明し、
人と人との関係を説明し、戦ったり恋したりですよ。

続きを読む "富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 4』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 2』

ダークな純愛系ミステリー、ってところでどうでしょう?
しかし、どうしても「純愛系」ってところに違和感が…。
どっちかっていうと純愛系予定、って感じ…?

2巻は『アリスの子守唄』
学校の怪談を舞台にしたミステリ話、他1本。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 1』

今年の富士ミス新人小説賞であるところの、
第5回富士見ヤングミステリー大賞最終選考作として、
受賞作の翌月発売、ってな感じでお目見えしたシリーズ。

…なのは2月であったわけですが、
所々で名前を見かけていたので、ちょっと手に取ってみようかと。
上月雨音さん、富士ミス新人頑張れってことで。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『狼と香辛料 3』

ずいぶんとネット界隈で話題になっています、このシリーズ。
でもこれ今年の新人賞の確か銀賞じゃなかったっけ?

あっという間にこんなところまで。
2月からこれまでに3冊と、ペースとしては普通。
というか各巻300ページ越えだからして、早い方ですな。

いや何を言いたいかというと、
本を待つってのはあっという間だなぁ、みたいな。

続きを読む "電撃文庫『狼と香辛料 3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ファンタジア文庫『クジラのソラ 1』

去年の富士見で審査員賞…
だから『ルビーウルフ』『武器屋』と同期デビューの
瀬尾つかさ氏の新作。
と言ってもデビュー作は読んでないんですけど。

どこぞで赤枠おススメを受けていたので、手を出してみたミーハー。

続きを読む "富士見ファンタジア文庫『クジラのソラ 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »