« 電撃文庫『断章のグリム 1』 | トップページ | 電撃文庫『アスラクライン 5』 »

電撃文庫『断章のグリム 2』

ホラー、ですね。

1巻を読んだ時点では異能者モノ、という側面に注目できたんですが、
こうして続きを読んでみると、やっぱりホラーでした。

でもああいう設定にしたからには、
異能者モノとしても展開すると思うのですが。

1巻は主人公だろう蒼衣くんの話。
で、この2巻はヒロインに間違いない雪乃さんの話。

キャラの過去話回想シーンがなく、
脇目も振らずに幻想新奇譚だけの巻。

1巻に比べちゃうと、ちょいと盛り上がらないかも。
十分にアレではありますが。

しかし今巻も死にフラグが分かり易すぎると思うのだが、
これは意図なのかしら。

さらに、あとがきにてグロテスクについて、著者が物申してます。
確かにこのシリーズはちょいとMissingよりもグロい気がする。
でもMissingにグロが無かったか…というとどうなの?
痛みを喚起する描写は残酷なものだが、グロではない、
それは納得できるけど、でも、あの肉塊描写は…グロ、だと思うの。

まぁ、それでも読んじゃう私に、何言う資格は無いのですが。

さてさて、まだ先が見えません。
このホラー路線の中で着々と雪乃ツンデレが進行している事しか。

よく考えたら、それすらもが混沌だなぁ…。
Missingで ホラー+恋愛=鬱… と証明しちゃってますが、
こんなのどうする気なのか…?

私的に気になってるのは夢見子ちゃんだったりする訳ですが。

それでは、また。


関連

断章のグリム 1

|

« 電撃文庫『断章のグリム 1』 | トップページ | 電撃文庫『アスラクライン 5』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17462887

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『断章のグリム 2』:

« 電撃文庫『断章のグリム 1』 | トップページ | 電撃文庫『アスラクライン 5』 »