« マッグガーデン『小説ARIA 水の都と哀しき歌姫の物語』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 2』 »

電撃文庫『断章のグリム 1』

自称メルヘン作家の甲田学人氏の新シリーズ。

前作『Missing』から、全然毛色が変わらない感じだったので、除けていたんですが、
小耳に挟んだ「設定」が面白そうだったので、読んでみた訳です。

『Missing』は学校の怪談とか都市伝説のお話でしたが、
この『断章のグリム』は童話のオカルト考。

ま、でもちゃんと学園ホラーです。

1巻からトばしまくりにグロいです。

眼球が抉れてる女性が声をかけてくる、くらいでは驚けないですよ?
あ、「見たくなかったなぁ…」ってそういう事か…!

そんなホラー描写に加え、ちょっぴりトラウマ度数も高め。
…っていうか、非道い。

途中で「死にフラグ」が見えそうなトラウマっぷり。
震えが止まりません。

で、気になっていた「設定」ですが、これは期待通り良い感じ。
トラウマが力になる、という…良い感じに酷い。
もっと根本の泡の解説も、気に入りました。神様は無慈悲で公平ね…。

とりあえず、まだ物語がどこに行くのかさっぱりです。
「そして誰もいなくなったEND」でない事を祈りますが。

それでは、また。

|

« マッグガーデン『小説ARIA 水の都と哀しき歌姫の物語』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17462854

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『断章のグリム 1』:

« マッグガーデン『小説ARIA 水の都と哀しき歌姫の物語』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 2』 »