« 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 3』 | トップページ | 電撃文庫『学園キノ』 »

電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃんです』

発表当初から待ちに待ってました、この本。
パロディっていうか、トリビュートだそうです。
インスパイアとかリスペクトとかそんな感じで、
7名のイラストレータと8名の作家様方がドクロちゃんを書く。

そんなこんなの本です。

とりあえず列挙。

イラスト提供
CLAMP、いとうのいぢ、駒津えーじ、
渡辺明夫、しゃあ、若月神無、氷川へきる

文章提供
高橋弥七郎、築地俊彦、鎌池和馬、ハセガワケイスケ、谷川流、
水島努、成田良悟、時雨沢恵一

なんでだか電撃つながりだけじゃない所が素敵過ぎる。

CLAMPとか…何やってんの…!

ちなみに原作者おかゆまさき氏はあとがき担当。

とりあえず言いたい事は山ほどある。
「まあ座れ」

高橋弥七郎の場合
『灼眼のシャナ』の著者どのですな。
イラスト、のいぢ氏と一緒に電撃文庫つながりで参戦。
アニメ化の時期とかで被ったかな、と邪推。
一番手ですが『ドクロちゃん』をきちんと書いてます。
他の作品と比べると、一番普通な作品。
オチの微陰謀さが高橋さんっぽい…かな?
しんでれらのしゃな、とかそっちの。

築地俊彦の場合
富士見の『まぶらほ』著者どの。
イラストのこつえ~さんとセットなんでしょうか。
二番手にして『ドクロちゃん』を壊し始めました。
多分、静希ちゃん派と見せかけてドクロちゃん派…なのかな?
声優ネタはともかくも、
作中に怒り狂った桃色髪の少女を出すのは
反則の様に思わないでもない、というか…。
迷わず笑いましたけど。

鎌池和馬の場合
『とある魔術の禁書目録』の著者どの。
電撃文庫つながり、くらいだと思うんですが、
hp企画のコラボつながりというのは突っ込み過ぎか。
これは…『ドクロちゃん』だけど見紛うはずもなく鎌池作品。
「まさか」に傍点が付き、そしてオチ、とか爆笑。

ハセガワケイスケの場合
『しにがみのバラッド。』著者どのです。
電撃文庫つながりでおかゆ氏とも仲良しさんらしい。
これももう『ドクロちゃん』じゃない。
なんで『ドクロちゃん』読んで切なくなってるんだか。
章間の♪に爆笑。

谷川流の場合
『学校にを出よう!』の著者
…というよりは『涼宮ハルヒの憂鬱』著者で有名なんだろうか。
でも、多分、電撃文庫つながりの参戦。
…あぁこれは…かつて電撃hに載った短編のノリかな…
なんて思ったのも束の間。
谷川断筆! リレー小説に。
もう笑いっ放し。
誰がこんな事考えたんだろう…。

水島努の場合
アニメ『ドクロちゃん』の監督さん。
一つ前の谷川さんのもぶっ壊れてましたが、
この人は一人でぶっ壊れてます。
伏せ字って…伏せ字って…!
あんな伏せ字初めて見た。
伏せ字もアレですが、全体的にもアレなので、もうよく分かりません。
疑問はいらない、笑うしかないです。

成田良悟の場合
『バッカーノ!』とかの著者どの。
電撃文庫つながりの、おかゆ氏とは密な関係らしいです。密? 蜜?
とりあえずコラボのまとめと言ったらこの人。
さらに他人がちょっと読み飛ばしちゃう様な人やら設定やらを
活かしたがるのもこの人。
書いた人伏せられてても、絶対分かるような話…というか文でした。

時雨沢恵一の場合
言わずと知れた『キノの旅』の著者です。
電撃文庫つながりっていうか、あとがきつながりでしょう。
締めですが『ドクロちゃん』をする気はないらしい。
いつかどこかで見たあとがきのノリ。
型破り度数は抑えめですけど、まぁ十分です。
来月、『学園キノ』控えてるし。


楽しみにして、外されないってのが、むしろ感心。
まぁ、これだから電撃文庫はやめられないっていうか…。

それでは、また。

|

« 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 3』 | トップページ | 電撃文庫『学園キノ』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/16619525

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃんです』:

« 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 3』 | トップページ | 電撃文庫『学園キノ』 »