« 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 2』 | トップページ | 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃんです』 »

富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 3』

2巻までと打って変わって、意外と早いペースで3巻目。
富士見王道ファンタジー。

著者、淡路帆希で「あわみちほまれ」ですって。
ずっと「あわじ」さんだと思ってた…。
っていうか今まで著者名、知らなかったんだ…私。

さて3巻目ですが、何がどうなるでもなく、ただ第3話って感じ。

結構2巻の話って大事だったと思うんですが、まったく引きずりません。
今巻は世界観説明もファンタジー要素も無し。

国の外から、今度は中に。
不穏分子が暗躍する…と言えば聞こえは良いか。

ただ、ページ数を見れば分かりますが、話は随分と小さくまとまってまして。
これで戦闘がなかったら、ただの幕間ですよ。

だが、それが良い。
富士見だもの。

この素直なストーリーが好き。
富士見だし。

これで…とんでもないどんでん返しがあって、
あの人が死んだりとかしちゃったら…
それはもう富士見レーベルじゃない。

それはそれで大ファンになるに違いないけども!
…そんな気がする。

それでは、また。


関連

紅牙のルビーウルフ 2

紅牙のルビーウルフ 1

|

« 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 2』 | トップページ | 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃんです』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40189832

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 3』:

« 富士見ファンタジア文庫『紅牙のルビーウルフ 2』 | トップページ | 電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃんです』 »