« 電撃文庫『新フォーチュン・クエスト 11』 | トップページ | 電撃文庫『狼と香辛料 1』 »

メディアワークス『図書館戦争』

すっかりハードカバー作家な有川浩氏、いや有川浩姐さんの新作。

「有川浩」が贈る「図書館」話と聞いた時点で大期待の作品でした。
粗筋を読んで、絶対に買おうと決意しました。

うん、大・正・解!

ちょ~面白かった。

内容はパラレルワールドな現代を舞台にした軍事話に恋愛を微妙に絡めて、
メディアに対する問題提起も、って感じです。

検閲やら出版差押えが合法化された現代で、
資料収集の自由を謳う図書館。

その抗争のお話。

>念願の図書館に採用されて、私は今―
>毎日軍事訓練に励んでいます。

冒頭からこれです。
これだけでもかなりテンション上がりますよ。

軍事訓練は大筋ではあっても、
あんまり感動話の方には関係ないんですけど。

そう、何が感動するって、「本を救う」というのが涙を誘うのです。
素晴らしいシチュエーション。

どこぞの「紙使い」さんも、その点は同じですが、
これは「現実」でやっていて、何しろ「図書館」ですから。

利用者リクエストに追われる描写に続いて、館内でのドンパチ。

もう、震えっぱなし。

「図書の有害性」に対する中学生アンケート、などの描写にも
現実世界に巻き起こっている問題に憤然としている私の何かを
激しくつつかれます。

結局、5章で4エピソードですか。
もう、満腹です。
ありがとうございました。

それでは、また。

|

« 電撃文庫『新フォーチュン・クエスト 11』 | トップページ | 電撃文庫『狼と香辛料 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/17095485

この記事へのトラックバック一覧です: メディアワークス『図書館戦争』:

« 電撃文庫『新フォーチュン・クエスト 11』 | トップページ | 電撃文庫『狼と香辛料 1』 »